福岡・粕屋のガーデニング・造園・情報・情句満載
福岡・粕屋・造園・ガーデニング・エクステリア・庭造り・外構・洋風・自然風・雑木の庭・花の庭そしてロハスな創庭家
ガーデンクリエイター 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう 
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




最終更新 2015年 1月 19日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない 見ればあるある   中野敏郎
 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール

「楽生」人の日記PartⅣ
粕屋未来図研究所だより
町議会4年分の一般質問者リスト・種まき号補足説明中

生」人の日記PartⅢ 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版  合鴨家族 中村農場への誘いNEW
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村

ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から6年前作成
 楽生庵創庭所作品集 の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク


釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・


ムヒカ大統領の演説・・・・原点を忘れないために・・・・・


河畔にて
2015/1/19

危惧していた事が現実となってしまった。

大川小学校横にあった素敵な円形階段が撤去されてしまった。



写真は2週前の景である。
今ではこの赤い爪が全ての構造物を剥ぎ取ってしまっている。

次の写真はちょうど一年前ヤギの散歩途中で撮った景である。






親水できるようにと配慮された階段である。
私にはこれは階段というよりも円形劇場という認識であった。
ステージ部分には長年のたい積作用により畑状になり、しかも菜っ葉が育ち、
ヤギさんのエサ場となっていた。

戸原の夏祭りは、この対岸の大川小学校校庭で近年開催している。
昨年の反省会で私はこの伊賀公園も良き会場になり得ると紹介した。
ヤギが歩いている近辺を整地すれば、素晴らしい観客席を持ったステージとなり得るのである。

危惧することもないわけではなかった。
川という地形条件がどうしても風を導くのである。
タイミングが悪ければステージの声がとどかないかもしれない。
もう一つは”安全”ということ。
対岸の校庭も親水できるような形状にしてあるが、誰も”親水”してはいない。
10メートル近く葦原になっているのである。

この時の反応は”とんでもない”という雰囲気であった。
”危ない”という思いが一番に浮かんでしまうのであろう。

そのとき、この階段は堰の改修工事で撤去され、魚道が整備されるとの噂話を聞いた。

2014年5月の議会報告会で私はこのあたりには”カワセミが生息しているからそんなことにも配慮した建設計画を立てて欲しいと要望していた。
なので、そのような魚道の配慮も計画されたのかと思っていたが、
地域の防災を最大目的として堰の改修をするためには、このような使いもしない無用な構造物は撤去しか考えられなかったのであろう。
地元への説明会があったのかどうか?
最低でも農業関係者には説明会があったのだろう。
だが、本来川はそれだけのためではないはず。

私は危惧する。
川(水面)を見ない人が増えている。
川を見ないでいいように変えられている。
日常にその価値・存在に触れることもなければ

里山資本主義に掲げてあった

自然とともに生きるシステムを求めて

価値の再発見をめざして


この次のステップへ踏み出すこともできなくなる。