粕屋町議会議員・創庭家・楽生人
福岡・粕屋のまちづくり・ガーデニング・情報・情句満載
 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう ガーデンクリエイター 定住の旅人
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




最終更新 2017年 3月 12日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない 見ればあるある   中野敏郎


ノーヘルですが・・・・

 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール
 
「楽生」人の日記PartⅤNEW
 議員ってなんだ?NEW

 中野としろうの議員活動掲載中

「楽生」人の日記PartⅣ
粕屋未来図研究所だより 2番目に読まれています
議員を目指したころから議員一年目まで

生」人の日記PartⅢ 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版 1番読まれています  合鴨家族 中村農場への誘いアクセス多し
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村NEW

ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から6年前作成
 楽生庵創庭所作品集
の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク

釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・


ムヒカ大統領の演説・・・・原点を忘れないために・・・・・

友達がFBでこの映像をシェアしていました。
こんな生き方に憧れます。

しなやかに

しなやか世界を閲覧していたら、こんなしなやかさもありました。

しなやかに2

自分のために・・・時間あるときに観よう

フクシマ 地球規模の汚染へ


還暦赤いタイトルが似合うのか
2017年3月12日

3月10日は人生の節目であった。
早朝仕事に粕屋東中学校卒業式出席、午後から議会予算委員会、仕事、夕方より地域子ども会育成会総会への参加と
慌ただしい一日であった。
楽しみにしていた寿司屋での会食もまだできないでいる。

中学担任であった恩師のご主人から著書を謹呈されていた。
なので、夜な夜な読んでいた。
読み終えるタイミングと田主丸へ樹木の購入用件が重なり11日先生宅を訪問。

恩師は、ターシャ・テューダー的な、あるいは「人生フルーツ」的生活をされている。
伺った時も、不自由な視力も何のその、野良作業をされていた。

ご主人の新刊の第1刷発行日が3月11日になっていたので、気になっていたのだが、
それは単純なこと、私と一日違いの誕生日ということであった。

ここへ行くと、人生のいろんなん示唆をいただける。
それだけではなく、いろんなお土産までもいただいて帰ることになる。

リーダーたるものの要件、
「指針」と「評価」
「的確な指針」と「正当な評価」

リーダーではないが、そうある方にはそれを要求し、
私自身は素養を高める”還暦”後の人生としたい。



町内に指名手配ともとれる写真を拡散したために
2017年2月20日

我が家から一番近い食堂で遅れての昼食をとった。
私以外に初老の方1名が食事をされていた。
「べっぴんさん」を見ながらゆっくり食べ終えると、
先に食べ終えておられた男性から声をかけられる。
これから先のことは次の粕屋未来図通信に書きます。


今回の議員通信は今のところ9000枚。
これまでの8号分で80000枚としたら
相当に町内で浸透している筈だ。
スクーター運転中にも目線を感じる。
一方的に覚えられて


一日に映画3本
2017年2月11日

本日は建国記念日=母親の誕生日であるが、予定していた親族による祝いの席は、昨日からの寒波&積雪で延期となった。
なので、朝9時からの「人生フルーツ」のチケット購入から始まり、
「たかが世界の終わり」
「幸せなひとりぼっち」
「人生フルーツ」
そして、監督・プロデュ―サーの舞台挨拶
と流れるように梯子した。
食事は途中で、ハムサンド1枚。
トイレ1回。
後の2本は立ち見も出るほどで、2本目は一番前の一番右の椅子で鑑賞する羽目になった。



本日どうしても行きたかった(あきらめていたのだが)のは、
「人生フルーツ」のプロデューサー阿武野勝彦氏が 大学の同期、同学年、同専攻であったということ。


阿武野氏

彼はあぶのでA,私はなかのでN.ということから100人以上いる専攻生の中、アルファベット順に振り分けられる小クラス、ゼミ等で
同クラスになることもなかった。
今回彼と少々会話したのだが、これが最初であり最後となろう。



彼は東海テレビで”阿武野組”というような制作集団のりーだーとして、素晴らしい作品を世に送り出している。
「ヤクザと憲法」などこの世界(ドキュメンタリー)では話題作も多いが、
チャンスを逃すとなかなか見ることが出来ない。
勿論多くの作品は東海テレビの放送エリアだけでだけでしかテレビ放映されていないのである。

今回の舞台挨拶で彼は、テレビ局に対して
”パッシングより、撫でて、育てて”
でいって欲しいという要望を言っていた。
その方が良き作品が生まれるというのだ。

この言葉、妙に私にヒットした。
このところ3月から始まる議会のことが私の意識のほとんどを占めているからである。
彼が薦めるようなスタイルでの質問・提案のほうが残るものがありそうな気がする。

先週観た「未来を花束にして」でも心に残ったのは

”心を奪う言葉こそ、人を動かす”

非難する言葉は心に残るかもしれないけど、心を奪う言葉は、何かを生み出そうとする原動力になりそうだ。

それにしても、人生フルーツの庭は300坪。私の使っている土地も300坪。
これまで庭園樹をメインに植えていたが、今大改造中の庭は、まさに津端さんの庭みたいに
果樹と野菜を収穫して、それを加工するような空間を併せ持つ庭なのだ。
残念ながら彼に40年遅れをとってしまった。
しかし、その遅れを取り戻そうとは思わない。
これもまたスローライフの一片としたい。

追記

2月13日にサンレイク粕屋の多目的ホールで
25noせっせと春支度
が開催されていた。
チラシ配布の途中に食事を兼ねればいいな、というところで1時前に立ち寄る。
スタート時点で120名ほどが並んでいたとの情報を得ていたが、
残り1時間のこのタイミングでも大盛り上がり。
新しい時代の作家さんたちの作品がところせましと並んでいる。
知り合いのパン屋さんでパンを買って・・・と思っていたら、田中屋さんの盛沢山焼きそばに目がいく。
ホールにて知人と食事をしていると、
そこに新たな女性が登場。
気おくれしながらも会話をしていくと、いろんな共通項があり、お互いにおっかなびっくり。
会話の流れの中で、”人生フルーツ”のドキュメンタリーのことを話していくと
彼女も別の媒体を通して知っていて、
そして、私以上にファンであり、
そのことを知っただけでもなんだかうれしい一日となった。

こんなことでも幸せになれるものなんだ。

素敵な共通項・・・増殖しなければ・・・



久山と土井を結ぶ
2017年2月9日

30数年前は炭鉱の跡地であった土井の住宅団地で1日槇の手入れ。
オーナーは同年代で、興味関心の世界も近いのか、
作業する私に色んな郷土近代史を教えてくださる。

そのまた先生が近くにおられて、青葉地域で資料を公開された時のパネルを写真撮影されたとのこと。
それを、お茶の時、ランチ後に見せていただいたが
3時過ぎには雨も予想されるほど曇り出したので、データをメールで送っていただくことにした。




解説にあるように、この近辺の線路・駅は炭鉱のためか、神社仏閣への参拝のために設置されている。
右下の塔は今も唯一?現存する。



これが、久山の山田炭鉱と土井を空中で結ぶ石炭搬送用のケーブルである。
線路を造るほどに石炭の埋蔵量が期待できなかったのだろう。
幼少の頃、土井駅近所に住んでいた奥様は、このケーブルが動いている姿・音を覚えておられた。

さて、次は合併して粕屋町ができたころの土井近辺空撮




集落?が土井駅の辺り。
それより写真上方に別の炭鉱が見える。

個人的な話であるが、別府壽信氏はこの年に生まれているだろう。
私と彼は同じ田主丸生まれである。
中学の時彼の中学校と軟式野球で対戦していた。(私が1学年下)
その後、別府一家は造園業で、この地に居を構えられ、今日の(株)別府梢風園がある。
私は3年間しか奉職していないが、その当時会長が私たちによく語られていた。

「人は、水の流れのごとくに集まってくる」

確かに。
梢風園の旧旧社屋、現在の梢風園ウィンズビルは土井の中心に位置している。

写真上方貯水池と土井駅を結ぶ辺りは”谷”とも呼ばれていたようである。

一代を築く人というのは、このような広い視野をもつものなのだろう。
時の首相は、”俯瞰”という言葉を施政方針で多用していた。
私は賀状に、スリム化、そして鳥瞰する・・・・と宣言していた。

そしてみなさんには空間軸ではなく時間軸での長ーーーい目で私の行動をみて頂きたいものです。

追記

この1956年あたりの日本総人口は約9000万人。
2050年には推定人口は9000万人。
世帯あたりの人数は格段に減少しているのだが、
そして、都市集中が進行したのだが、
人口は元通りになっても
元通りにならないのは、この緑と農地だろう。



SUN²かすや新風会主催の「ふるさとがえり 無料上映会」
2017年1月21日

昨夜トクノ・スクールの研修会で

「おらほの村の何を守る」

というタイトルで東北の人口減少村を取り上げたNHK番組を題材に学んだばかりで
本日はこのタイトルである。

この映画は2012年に制作されているが、この手の映画が最近多い。
限界集落、人口減少社会等々メディアに溢れんばかりの情報提供がなされている昨今である。

制作者に”その土地で生きてきた記憶”がしっかりと記録されているから、
その再現をしてみたくなるのであろう。

秘密基地、豊かな川の流れ、里山での動植物との触れ合い等々
古き良き時代のアイテムはいっぱいある。

ただ、人と人とのつながりが再現できなくなるばかり。

タイトルに添え書きしてあるように、
生き方を考えなければならないのだろう。


誰と生きるか、
何を愛するか、
それが人生ーーー



この作品、消防団員への理解と募集活動の一助としても使われているようだ。
地域役員の上映会参加はいかがだったろうか?


仕事をしていると・・・
2019年1月18日

大野城市の団地入口近く、人目に付く場所での作業をここ数日行っている。
お歳を召した方々がよく歩いて横を通られる。

昨日、ひとりのおばさんが、
「芸術的な作品ができてますね」
とお声がけなされた。

そのすぐ後に別の老婦人が今度は、
「アートができてますね、楽しみですね」

本日は、また別のおばさんから、
「面白いアイデアですね。完成が楽しみだわ」

三人組の女性から、
「いいわね、家もしたいわ。」


写真は?・・・・載せません。
これを見られて、注文殺到したら困ります。

一年近く待たせているお家の方からの反応はまだ掴んでいない。
あまり芳しくない評価だと、
これは下地ですから、これを基に、あとは植物の力を借りてキレイにします。
ということにしている。

数々の経験からも、確かに植物の力は偉大なり。



ムズムズしているわけではないけど
2017年1月7日

啓蟄にはまだ早すぎる。
地上に芽をだしたいのだろうか?
ムズムズしているわけではないのだけど、
たまたまテレビを見ていたら私の琴線に触れた。
なので皆さんに紹介したい。
下のリンクから
シリーズ1 5月20日放送分を是非見ていただきたい。
進路に悩んでいる受験生に是非。
やりたいことが多すぎてという方にもおススメ。

ムズムズ18

このムズムズが力になる



今年も元の鞘におさまり、餅つきを
2016年12月30日

昨年は我が家の庭で、長男夫婦を交えての餅つき。
今年は来春結婚する次男カップルを加えて、妻の実家で餅つきを行う。



杵でつくというよりも、
口でついた餅つきであった。
長男夫婦&双子君は戻ってこれないので
総勢6人での作業。
来年はどのような組み合わせになることやら?
人数が多いほど楽しくて楽

追記
2017年1月11日

この御両人、新春5日に入籍をした。
彼女も県立高校教員の採用試験に合格し、
それを機に婚約すると言っていたのが、いつの間にか入籍と進んでいった。
入籍の日には徳島のご両親、我が母等を茅乃舎に招待し、祝いの席を設けた。

その日の早朝、図書館から借りていた萱野茂の『アイヌのイタクタクサ』を読んでいた。
たまたま読んでいた個所が、恋愛、結婚をアイヌ語ではどう表現するのかの解説であった。

恋愛は、ウゥォシッコテといい、
ウ:お互い ゥォ:それ、相手、好き シッ:目 コテ:繋ぐ
互いに目を繋ぐ
ということになるそうだ。

そして、
結婚は、ウトムヌカㇻ
ウ:お互い トム:方 ヌカㇻ:見る
お互いを見つめ合う

そして、嫁をもらうということは、妻を借りるという意味合いだそうである。

これらのことを、はなむけの言葉として贈ったのであるが、
その時一番話したかったことは、著書から引用させていただく。

昭和10年頃祖母てかってに連れられてすぐ近くの小平という所の親戚の家へ遊びに行く
途中に、”ケナシパォマナイ=野原の頭にある沢”という小沢を渡りました。
その沢を渡るときに祖母は沢の側へしゃがみ、手と顔を洗い、茂、お前も顔を洗え、と言うので、冷たい水で顔を洗い終わると、続けて
”フチ=祖母”は年寄りだからそのうちに死んでしまう、お前は子供のなのでこれからずーっと長い間生きているから、
フチが死んだ後でここを通ったらフチと一緒に顔を洗った沢であったことを覚えておき、
忘れないでくれと言うのです。
あれから70数年、道路は完全に舗装されていますが、その場所を通るたびに思い出します。
祖母が孫の心に己が存在を刻みつけたことは、今あらためて凄いことであったと思います。


(注:理解できない個所がありますが、原文を忠実に引用しています。)

解決しました。てかってというのは祖母さんの名前でした。


期せずして、私の88歳になる母が孫である次男の席で一生忘れないであろうハプニング?をひき起こしてくれたので、
忘れえない思い出の地となってくれただろう。

長男もここで両家の顔合わせをさせていただいた。

帰りしな、料理長から、彼が以前働いていた香椎の居酒屋で、いつも素敵なジョークを言っていた
中野さんのことを覚えていますよ。
と言われた折には
運命を繋ぐ”コテ”を感じないではいられなかった。

茅乃舎、萱野茂・・これもコテコテである。



横浜、京都へ
2016年12月2日

11月30日はじいさんになる予定日、その通り実現した。


孫そのⅠ


孫そのⅡ
ついでに長男とばあさん。


ご覧の通り、双子である。
密かにゴットファザーを目論んでいたが、
すでに息子たちの中で内定していた。
環たまき君と哲あきら君である。
どちらがどの名前なのか?
まだ個性を掴めないでいる。

これから名前がどのように人生を変えるか、良き実験材料(失礼)である。

次の日は横浜から途中下車して、
京都市立美術館で開催されている若冲展を主目的に
観光とあいなった。



撮影は禁止であったので、玄関ファサードを撮るだけで我慢した。
生誕300年ということで、市内のあちこちでも若冲、テレビでも若冲であった。
石峰寺、相国寺と次なる目的地もキープした。
例によって、若冲の生誕地錦市場で買い物を楽しみつつ、若冲の生家を探したが、
アーケード街一番西の下ル位置にある建物なのかどうか?
それより帰りの新幹線で食べる食材と漬物選びに奔走した次第である。

京都はいい。何度行ってもいい。
あまり観光客が通らないウラ小路がいい。
いろんなところに若冲を育てたセンスが光る。
次回は・・・・


朝から幸せの青い鳥
2016年11月13日

地域のお薬師さん清掃を終えて(正確には土曜日の粕屋東中学校ボランティア活動できれいにしていただき、することがありませんでした。)
フットッベースボール会場の粕屋東中学校へ向かう途中に、カワセミの鳴き声を聞きつけ
薬師堰で撮影



帰りにも素晴らしいロケーションのなかにカワセミがいたのですが、カメラセッティング中に逃避行。
これからフットベースボールの打ち上げで、
メインの大会報告と給食センター訪問記は別ページで。




@homepageサービス終了によりアクセスカウンターもストップしたようです。
@niftyでアクセスレポートというサービスがありました。
どのページがどれだけ読まれているかがわかる優れものです。