福岡・粕屋のガーデニング・造園・情報・情句満載
福岡・粕屋・造園・ガーデニング・エクステリア・庭造り・外構・洋風・自然風・雑木の庭・花の庭そしてロハスな創庭家
ガーデンクリエイター 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう 
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




最終更新 2015年 8月 23日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない 見ればあるある   中野敏郎
 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール

「楽生」人の日記PartⅣ
粕屋未来図研究所だより NEW
町議会4年分の一般質問者リスト・種まき号補足説明中

生」人の日記PartⅢ 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版  合鴨家族 中村農場への誘いNEW
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村

ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から6年前作成
 楽生庵創庭所作品集 の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク


釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・


ムヒカ大統領の演説・・・・原点を忘れないために・・・・・


蝉と光ケーブル
2015・8・23

聞いていた話ではあるが、蝉が産卵で光ケーブルを切断するという事象に出会ってしまった。
ページが表示できません という言葉が出てきて ? とやり過ごしていた。
Wi-Fi下にあるiPhoneも使えなくなっており、原因究明をこれまたやり過ごしていた。
仕事で在宅できないのでNTTとの連絡もつけづらくこれまた放置状態であった。

過去の同時期に世間を騒がせた堀江氏と村上氏がこのところ話題にのぼることが増えてきた。
悲しいかな
なので、私も話題を提供しようと考えていた矢先の通信遮断であった。

ムヒカ大統領の演説は我がホームページに常時閲覧できるようにしている。
原点を忘れないためにというサブタイトルまでつけているのだし。

春にオープンガーデンをされた私が関係する庭のオーナーが、
ある来場者に私のことを紹介頂いていた。
そのある来場者は私のホームページを見て、
ムヒカ大統領の演説があったから私に決めたと言ってくださった。
ついでに素敵なムヒカ大統領の絵本も紹介していただいて。



さて、このムヒカ大統領の演説をユーチューブで観ていたら、
関連?でホリエモンが近畿大学の卒業式で行なったスピーチが目に入ってきた。
伝説のスティーブ・ジョブス、スタンフォード大学卒業式でのスピーチと比較してみたくなり
聴いてみた。

一度ではなく何度も。
聴けば聴くほど、
何が言いたいのかわからなくなってきた。
私とホリエモンのどちらに原因があるのか?
とりあえず聴いて頂きましょうか。

堀江貴文氏メッセージ

蝉と光ケーブル
ここでも先住民と侵略者との一端が・・・

キンキンに冷えた空間で金・金コンビの詩と書を感じる

2015・7・27

このところ熱過ぎて、夜の体力がない。
ビールを飲んでテレビでも見ていたらいつの間にか眠ってしまう。
妻に起こされ、唯一エアコンのある寝室で本を枕に再度眠りに突入する。

さて、台風余波の26日は避暑を兼ねて県立美術館へと足を運んだ。
金子みすゞ・金澤翔子  ひびきあう詩と書  の最終日。

一言で感想、
行って良かった。
大漁だ!


以前図書館で借りた『仕事ってなんだろう』の関野吉晴氏が素敵で、その後購入したのだが、
この本のトップに登場される矢崎節夫氏の話も素敵であった。
実のところ、会場に矢崎氏のコメントが散りばめられていた。
展示二日目には矢崎氏の講演会も開催されていたのである。
なので、思い出したように読み返してみた。

私はただただ、矢崎氏の感性に感謝しなければならない。
氏は早稲田に入学して最初に読んだ『日本童謡集』、その300あまりの作品から、
唯一取り上げられていた金子みすゞの「大漁」に出合われたのである。
そしてその後みすゞ探しの人生と言ってもいいような童謡作家の道を歩まれるのである。

今日金子みすゞが広く知られるようになった『金子みすゞ全集』。
これを出版されたのは、『大漁』との出会いから16年後の矢崎節夫氏なのであった。

矢崎氏は現在山口にある金子みすゞ記念館の館長をされている。

感性ある人が感性豊かな人・ことに気づく
私もそうありたい。


売店で3枚のカードを購入したが、
そのうちの1枚だけは場違いな言葉が記されていた。

関係者にはすぐ解るのだろうが、なぜここに?
きっと良心、良心と唱えながら行動が伴わない吾人多きことに対する警鐘なのかも?

先日国会公聴会で寂しい発言をしていた学長にも送りつけたいカードである。
そのときは勿論赤色にカードを着色して・・・




郷愁の麦踏みは・・・足踏み
2015・6・11

この一年、福岡西部の糸島へ週一平均で造園の仕事に行った。これからも行くであろう。
人・もの・風景いろんなモノに出会った。
その中の一つを紹介したい。



高田の麦茶である。
高田マツ子と出荷者名が記されている。
名前から年代が想像できるだろう。
ついでに、この写真を通して初めて気づいたのだけど、
ふくおかエコ農産物の認証マークも貼ってある。

この商品を初めて知ったのは糸島のお客さんから現物を頂いたことによる。
岩田屋?に売ってあってそれをお客さんが頂いたのこと。
実は糸島の物産館等で売られているのである。
私は”志摩の四季”をよく利用しているが、それ以来そこでこの麦茶をどれだけ購入したことやら?

裏に美味しい麦茶の作り方が書いてある。



妻には最初は不評であった。
面倒臭い。
作れば昔懐かし美味しい麦茶になるのに。
価格的にも少々高いのかもしれない。
麦茶の相場がどのくらいかも勿論知らなかった。
妻とスーパーに行った時にチェックしたけど、30パックほど入っていて
価格も安いのである。どうしてこんなに安いのかそちらのほうが疑問であった。

昨夏はこの麦茶を仕事場に持っていった。
安心安全、テマヒマかけることの楽しみ。
そして面倒臭い以上に美味しいのだから。

さて、こうなると私の好奇心がそっとしてはおかない。
先ずは現地調査。
裏に書いてある住所の”高田農産”・・・素朴でいいネーミング”・・・を訪ねた。
素朴な農村集落の中にあった。
どなたもいらっしゃらないようで、雰囲気だけを味わってきた。

次に・・・・・
自分でも作れないか?
好奇心が私のやる気を奮い立たせた。
商工会で”農商工連携”などと掲げながらブロッコリーくらいしか一次産品が思い浮かばないこの地に活を入れたかった。

幸いにも合鴨農法をやっている田んぼの裏作に使ってもいいということになった。
すでに玉ねぎも植えることになっていた。それは古野隆雄氏と出会った農業を目指す中学3年生とその家族がすることになっていた。



実際、私はこの時種をネットで調べ購入し、蒔いただけである。
冬場には昔懐かしの麦踏みを楽しみにしていたのだが、
段取り八分・・・準備が万全ではなかった。
田んぼは田んぼである。それを畑(麦畑)にするためには畝作りと排水路が必要である。
この点をぬかっていた。なのでぬかるんでいた。いつまでもその状態で・・・・

結果・・・購入した種1KG、それに対しての収量は、このお皿いっぱいである。
その収穫にも3時間ほど費やして。

貴重な麦・・・珈琲焙煎器で炒って合鴨の放鳥時にみんなに味わっていただこう。

合鴨の田んぼ入れ・・・・6月28日8時を予定しています。


遅ればせながら本年もカチガラスの巣が
2015・5・6

例年だと芽吹く前から巣の製作を始め、
完成の頃には芽吹終了で上手く巣が隠れるという段取りなのだが。

10年近く続いているカチガラスの巣作り。
今年は4月の段階でなかったので記録もストップするだろうとふんでいた。
連休で樹木観察をしていたら、今いそいそと材料を運んでいた。
たぶん巣作りしていた場所がダメになって急遽我が家に戻ってきたに違いない。



樹木は黄金メタセコイア
まだ巣が上下に分かれている。

かれらの眼下ではヤギさんがヘンリーヅタの新芽をバクバクと食している。



6月初旬には待望の出産をよていしているのだが・・・



森の木一本抜けたら・・・・林?
2015・5・7

気になる風景があった。
立花小学校横を越えて行く現場の時必ず目に入る。

以前はただの森であった。
一本(だろう)の樹木が人間の必要性がら撤去された。
もう5年以上も前のことだ。

森の中が覗けるようで嫌だった。
緑っけのない暗い世界だった。

森は樹木全体で防御壁をつくる。
なのに、突然の人為的操作により
歯抜けにでもなったような姿である。

数年の月日がその下部にある樹木等に刺激を与えた。
今それをカバーしようとしているのは孟宗竹。
しかし、どうみても取って代われる代物ではない。
樹木の端部も身を守ろうと急成長しているが、それにも限界が。

カメラ目線の方向から突風でも吹けば痛手を被ることだろう。



NHKスペシャル「明治神宮 不思議の森~100年の大実験~」 が今宵(正確には明日午前1時ごろ)再放送だ。
見逃すべからず。