福岡・粕屋のガーデニング・造園・情報・情句満載
福岡・粕屋・造園・ガーデニング・エクステリア・庭造り・外構・洋風・自然風・雑木の庭・花の庭そしてロハスな創庭家
ガーデンクリエイター 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう 
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




最終更新 2015年 5月 14日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない 見ればあるある   中野敏郎
 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール

「楽生」人の日記PartⅣ
粕屋未来図研究所だより
町議会4年分の一般質問者リスト・種まき号補足説明中

生」人の日記PartⅢ 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版  合鴨家族 中村農場への誘いNEW
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村

ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から6年前作成
 楽生庵創庭所作品集 の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク


釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・


ムヒカ大統領の演説・・・・原点を忘れないために・・・・・



遅ればせながら本年もカチガラスの巣が
2015・5・6

例年だと芽吹く前から巣の製作を始め、
完成の頃には芽吹終了で上手く巣が隠れるという段取りなのだが。

10年近く続いているカチガラスの巣作り。
今年は4月の段階でなかったので記録もストップするだろうとふんでいた。
連休で樹木観察をしていたら、今いそいそと材料を運んでいた。
たぶん巣作りしていた場所がダメになって急遽我が家に戻ってきたに違いない。



樹木は黄金メタセコイア
まだ巣が上下に分かれている。

かれらの眼下ではヤギさんがヘンリーヅタの新芽をバクバクと食している。



6月初旬には待望の出産をよていしているのだが・・・



森の木一本抜けたら・・・・林?
2015・5・7

気になる風景があった。
立花小学校横を越えて行く現場の時必ず目に入る。

以前はただの森であった。
一本(だろう)の樹木が人間の必要性がら撤去された。
もう5年以上も前のことだ。

森の中が覗けるようで嫌だった。
緑っけのない暗い世界だった。

森は樹木全体で防御壁をつくる。
なのに、突然の人為的操作により
歯抜けにでもなったような姿である。

数年の月日がその下部にある樹木等に刺激を与えた。
今それをカバーしようとしているのは孟宗竹。
しかし、どうみても取って代われる代物ではない。
樹木の端部も身を守ろうと急成長しているが、それにも限界が。

カメラ目線の方向から突風でも吹けば痛手を被ることだろう。



NHKスペシャル「明治神宮 不思議の森~100年の大実験~」 が今宵(正確には明日午前1時ごろ)再放送だ。
見逃すべからず。


トップランナー
2015・5・4

毎年大分で開催されているという『おおいた人とみどりふれあいいち』へ
念願かなって昨日行ってきた。
この催しは『庭』 2003年11月 154号での記事
「おおいたの庭の力・・・その源を語る」
において植木造園展として紹介されている。
平成15年の第20回全国都市緑化おおいたフェアにおける
庭園作品は素晴らしいものばかりであった。
(それに対し、その2年後に開催された福岡市のアイランド花どんたくの作品群は私のものを含めさみしいばかりであった。)
大分の庭の力、それは競合で培った力だったと座談会をまとめられている。
(福岡の庭の力、それは談合で培っただけの力だったと皮肉らざるを得ない。)
毎年オープンな場でそれぞれの個性あふれる庭園を展示し、その善し悪しが受注につながるという戦いの場が設定されていたとのことなのだ。

今回の大分行で一番やりたかったのは御手洗達雄氏と語ることにあった。
3日は幸いにも朝から雨模様であったから、御手洗氏も現場作業には入らないで、この会場に来てあるだろうと推測してのことでもあった。



御手洗氏はイベント会場で子供相手に作業をされている様子。

私は御手洗達雄氏が前出『庭』の別号で語られていた氏の小学生時代の体験談に強い興味を持っている。
氏は九重連山の麓に住み、片道8kmもの山道・沢道を歩き、そして感性を植え付けていたのだ。
私の大学での講義の中心テーマは”感性”であったが、毎年御手洗氏と語ったこともないのに
彼のことを一コマ話し続けていた。

私は今回御手洗氏と話ができたら、その通学路を氏とともに歩んでみるという企画をお願いしたかった。
したかったということはできなかったということだが、
氏の近くまで行き、お互い目と目が合い、会釈まではできたが、
それ以上の踏み込みができなかった。
そこまでの関係性がないなかでの、それに勝る熱意ある提案ができそうになかったからである。

大分と福岡の緑化フェアでの勝負のごとく、私は負けていたのである。

会場から、たまに行っていた佐賀関までは結構近かったのでランチは関サバ・関アジ定食でいこうということになった。
5月にはなっていたが、ここで食べる鯖はいつものように引き締まって美味であった。
これまた、豊後水道の荒波で鍛えられた大分力であろう。

福岡人も荒波に揉まれなければいい作品ができないだろう。
このところの私など過去の遺産だけで仕事をしている。




今回御手洗氏の庭園には座するところ、庭を鑑賞するための椅子がコレでもかと言わんばかりに設置してあった。
何か思いがお有りになるのだろう。
それに気づく私も、ベンチに対しては思い入れがある。
早くベンチャーズメンバーになりたい。


百人百庭

まだ途中です。前の文が追い越してしまいました。



私も創庭家を自称している。
たまには芸術家とも。
なので、たまに庭園雑誌を購読する。
雑誌の写真は兎も角、作庭家のコメントが大いに私を刺激した。
中でも龍居竹之介氏の・・・(安心)を得られる庭のありようを追って・・・
という巻頭言はすばらしかった。

彼はこのごろ、「庭とは何だ?」と尋ねられると、「安心の素、かしらね」と答えるのが常となった。
と書いている。

安心は心配・不安がないこと、心が安らぐこととあるそうだが、
庭に求めるもの、確かにその通りだと感服した。
世の中でも、安心・安全という言葉が大活躍のこの頃だ。
木を使って庭づくりはするが、気を使いたくないというのが皆さんの心境なのだろう。
ただやすらぎたいのだ。

この頃私は庭に菜園を作ることをオススメしている。
家庭での自給率を上げるという事は、国家の食料自給率を上げるもととなるだろうから。
安心・安全は食料の安定供給・確保あってのことだと思う。
また、無益・無駄・不必要な消毒・除草剤散布のハドメとなる。

究極の庭は、自給できる庭でもあるということ。   目指したい。

さて、百人百様の庭なのだが、それぞれの庭を眺めていて、ある共通点・流行りに気がついた。
それは”版築”という手法。多くの作庭家が庭に取り入れているのである。
”版築といえば越智さん”というオチまである。


版築:土壇・土壁の築造法で、板枠の中に土を入れて突き固め、層を重ねてつくるもの。
自前の(製作したことがない)版築写真がないので、例としてお借りした。

この工法は中国から伝わっているようだが、先日たまたま学習した
粕屋町の歴史講座『水城の調査と太宰府の歴史』での水城の築城法には感動した。

水城というくらいだから、私は手前の土を掘り上げて、積み上げただけの簡単な土塁かと考えていた。
時代は663年白村江の戦いで敗れた日本・百済軍が大陸からの侵攻を阻止するために急遽築いたシロモノなので
簡易な作りかと思い込んでいた。
博多の海岸でよく見かける元寇防塁は石積である。それよりも600年以上も前の時代であるからそう考えざるを得ない。

講師である杉原氏の説明では、水城を切り取っていくと基底部から上部へ、ある単位を持って積土を段階的に積んであり、
多様な積土材が使用されている。また、木樋による導水も行われているとのこと。

正に上記写真のような版築工法により長さ1.2Km、高さ7~10m、幅20mほどの水城が築かれているのである。


この姿は、鹿児島本線の車窓から見ることができる。
昨秋ハウステンボス号で横を通過したとき、古墳の発掘か?
と勘違いしていた。
歴史講座を聴講してから居てもたってもいられなくなり現地へおもむいた次第である。

これが1350歳の水城である。
今も新しい情報を発信してくれるそうだ。

遺跡は私の足元にもあるかもしれない。
意識している時に遺跡が出る。

すてきな講座のまとめであった。