粕屋町議会議員・創庭家・楽生人
福岡・粕屋のまちづくり・ガーデニング・情報・情句満載
 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう ガーデンクリエイター 定住の旅人
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




最終更新 2017年 1月 20日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない 見ればあるある   中野敏郎



 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール
 
「楽生」人の日記PartⅤNEW
 議員ってなんだ?NEW

 中野としろうの議員活動掲載中

「楽生」人の日記PartⅣ
粕屋未来図研究所だより
議員を目指したころから議員一年目まで

生」人の日記PartⅢ 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版 一番読まれています  合鴨家族 中村農場への誘い
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村NEW

ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から6年前作成
 楽生庵創庭所作品集
の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク

釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・


ムヒカ大統領の演説・・・・原点を忘れないために・・・・・

友達がFBでこの映像をシェアしていました。
こんな生き方に憧れます。

しなやかに

しなやか世界を閲覧していたら、こんなしなやかさもありました。

しなやかに2

自分のために・・・時間あるときに観よう

フクシマ 地球規模の汚染へ



仕事をしていると・・・
2019年1月18日

大野城市の団地入口近く、人目に付く場所での作業をここ数日行っている。
お歳を召した方々がよく歩いて横を通られる。

昨日、ひとりのおばさんが、
「芸術的な作品ができてますね」
とお声がけなされた。

そのすぐ後に別の老婦人が今度は、
「アートができてますね、楽しみですね」

本日は、また別のおばさんから、
「面白いアイデアですね。完成が楽しみだわ」

三人組の女性から、
「いいわね、家もしたいわ。」


写真は?・・・・載せません。
これを見られて、注文殺到したら困ります。

一年近く待たせているお家の方からの反応はまだ掴んでいない。
あまり芳しくない評価だと、
これは下地ですから、これを基に、あとは植物の力を借りてキレイにします。
ということにしている。

数々の経験からも、確かに植物の力は偉大なり。



ムズムズしているわけではないけど
2017年1月7日

啓蟄にはまだ早すぎる。
地上に芽をだしたいのだろうか?
ムズムズしているわけではないのだけど、
たまたまテレビを見ていたら私の琴線に触れた。
なので皆さんに紹介したい。
下のリンクから
シリーズ1 5月20日放送分を是非見ていただきたい。
進路に悩んでいる受験生に是非。
やりたいことが多すぎてという方にもおススメ。

ムズムズ18

このムズムズが力になる



今年も元の鞘におさまり、餅つきを
2016年12月30日

昨年は我が家の庭で、長男夫婦を交えての餅つき。
今年は来春結婚する次男カップルを加えて、妻の実家で餅つきを行う。



杵でつくというよりも、
口でついた餅つきであった。
長男夫婦&双子君は戻ってこれないので
総勢6人での作業。
来年はどのような組み合わせになることやら?
人数が多いほど楽しくて楽

追記
2017年1月11日

この御両人、新春5日に入籍をした。
彼女も県立高校教員の採用試験に合格し、
それを機に婚約すると言っていたのが、いつの間にか入籍と進んでいった。
入籍の日には徳島のご両親、我が母等を茅乃舎に招待し、祝いの席を設けた。

その日の早朝、図書館から借りていた萱野茂の『アイヌのイタクタクサ』を読んでいた。
たまたま読んでいた個所が、恋愛、結婚をアイヌ語ではどう表現するのかの解説であった。

恋愛は、ウゥォシッコテといい、
ウ:お互い ゥォ:それ、相手、好き シッ:目 コテ:繋ぐ
互いに目を繋ぐ
ということになるそうだ。

そして、
結婚は、ウトムヌカㇻ
ウ:お互い トム:方 ヌカㇻ:見る
お互いを見つめ合う

そして、嫁をもらうということは、妻を借りるという意味合いだそうである。

これらのことを、はなむけの言葉として贈ったのであるが、
その時一番話したかったことは、著書から引用させていただく。

昭和10年頃祖母てかってに連れられてすぐ近くの小平という所の親戚の家へ遊びに行く
途中に、”ケナシパォマナイ=野原の頭にある沢”という小沢を渡りました。
その沢を渡るときに祖母は沢の側へしゃがみ、手と顔を洗い、茂、お前も顔を洗え、と言うので、冷たい水で顔を洗い終わると、続けて
”フチ=祖母”は年寄りだからそのうちに死んでしまう、お前は子供のなのでこれからずーっと長い間生きているから、
フチが死んだ後でここを通ったらフチと一緒に顔を洗った沢であったことを覚えておき、
忘れないでくれと言うのです。
あれから70数年、道路は完全に舗装されていますが、その場所を通るたびに思い出します。
祖母が孫の心に己が存在を刻みつけたことは、今あらためて凄いことであったと思います。


(注:理解できない個所がありますが、原文を忠実に引用しています。)

期せずして、私の88歳になる母が孫である次男の席で一生忘れないであろうハプニング?をひき起こしてくれたので、
忘れえない思い出の地となってくれただろう。

長男もここで両家の顔合わせをさせていただいた。

帰りしな、料理長から、彼が以前働いていた香椎の居酒屋で、いつも素敵なジョークを言っていた
中野さんのことを覚えていますよ。
と言われた折には
運命を繋ぐ”コテ”を感じないではいられなかった。

茅乃舎、萱野茂・・これもコテコテである。



横浜、京都へ
2016年12月2日

11月30日はじいさんになる予定日、その通り実現した。


孫そのⅠ


孫そのⅡ
ついでに長男とばあさん。


ご覧の通り、双子である。
密かにゴットファザーを目論んでいたが、
すでに息子たちの中で内定していた。
環たまき君と哲あきら君である。
どちらがどの名前なのか?
まだ個性を掴めないでいる。

これから名前がどのように人生を変えるか、良き実験材料(失礼)である。

次の日は横浜から途中下車して、
京都市立美術館で開催されている若冲展を主目的に
観光とあいなった。



撮影は禁止であったので、玄関ファサードを撮るだけで我慢した。
生誕300年ということで、市内のあちこちでも若冲、テレビでも若冲であった。
石峰寺、相国寺と次なる目的地もキープした。
例によって、若冲の生誕地錦市場で買い物を楽しみつつ、若冲の生家を探したが、
アーケード街一番西の下ル位置にある建物なのかどうか?
それより帰りの新幹線で食べる食材と漬物選びに奔走した次第である。

京都はいい。何度行ってもいい。
あまり観光客が通らないウラ小路がいい。
いろんなところに若冲を育てたセンスが光る。
次回は・・・・


朝から幸せの青い鳥
2016年11月13日

地域のお薬師さん清掃を終えて(正確には土曜日の粕屋東中学校ボランティア活動できれいにしていただき、することがありませんでした。)
フットッベースボール会場の粕屋東中学校へ向かう途中に、カワセミの鳴き声を聞きつけ
薬師堰で撮影



帰りにも素晴らしいロケーションのなかにカワセミがいたのですが、カメラセッティング中に逃避行。
これからフットベースボールの打ち上げで、
メインの大会報告と給食センター訪問記は別ページで。




@homepageサービス終了によりアクセスカウンターもストップしたようです。
@niftyでアクセスレポートというサービスがありました。
どのページがどれだけ読まれているかがわかる優れものです。