粕屋町議会議員・創庭家・楽生人
福岡・粕屋のまちづくり・ガーデニング・情報・情句満載
 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう ガーデンクリエイター 定住の旅人
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




最終更新 2018年 6月 13日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない 見ればあるある   中野敏郎

 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内            
 粕屋町議会公式ウェブサイト      現在進行形     NEW
              
 
「楽生」人の日記PartⅤ現在進行形
 議員ってなんだ?2018年6月議会一般質問者情報掲載中

「楽生」人の日記PartⅣ2016年5月で終了
粕屋未来図研究所だより
議員を目指したころから議員1年目まで

生」人の日記PartⅢ 2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点・・・近日消去します。
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘いカシスの杜見守り隊
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版
データ的には1番読まれています
 合鴨家族 中村農場への誘い
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集仕事:まだまだ現役です。  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村県内ヤギ家族と繋がる

ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から9年前作成
 楽生庵創庭所作品集
中野敏郎のプロフィール詳しくは”議員ってなんだ?”に加筆
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク


釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・

次にカラオケで唄うなら
・・・・沖縄の影響下にあり




このところ紫陽花に
2018年6月13日

旅先で素敵なあじさいを見つけた。
列をなして植栽されている風景は多々見かけるが、
単体となると・・・・



ほれぼれする形状と色合いだったので、
勝手にとってきました。

ジックリとみれば、はさみを入れたい箇所が数ヶ所ありますね。
除草も必要か・・・


アメリカキササゲオーレアの花
2018年5月29日

10年以上にもなるだろうか?
まだ、同志社校友会福岡支部の理事をしていたころに、
このアメリカキササゲが仲間内で話題となっていた。

樹木を商売としている私は、ある生産者圃場で、この樹木を見つけた。
生産者によると、期待にそぐわず、売れ残ったままで、そのうち処分するとの弁。
それでは、ということで、タダ同然で頂き我が家の前面道路側に植えていた。
来た時から樹高3メートル以上ある成木で、次の春は、次の春は・・・・
と花を期待して待っていた。10回近く裏切られたわけだ。
唯のアメリカキササゲであったらよかったのか、オーレア(黄色の意味)がついているがために
咲かないのだろうか、と疑っていた。
ここ数年、この近辺の整理をしていて、何度足元から切り倒そうと思ったことか。
用材として使える代物でもないし、忙しさもあってそのままにしていた。
ただ、来春には切ってしまおうと決めていた。

植物は、自分の運命が短いと悟ると、花をいっぱい咲かせるものだ。
種をいっぱいつけて子孫を残す。

私の心の想いを感じ取ったのだろうか?




早朝からヤギさん達がメイメイ鳴いていた。
10日程前に新しく開放した牧草地の全エリアが瞬く間に芝状態の景へ、そして無草地へと変化していこうとしている。



仕方なく、高枝切はさみを持ちながら、ヤギの餌となる枝々を物色していると・・・・
待ちに待った花との出会いとなったのである。

今では、ヤギさんありがとうという心境で今日の感動を書き記している。

アメリカキササゲ(別名カタルパの木)
ノウゼンカズラ科:確かにそのような花付きである。

新島襄がアメリカから持ち帰ったといわれている。
10年近く前の同志社の校友会新聞にもそのようなことが書かれていたので、
当時本当だろうかと調べていると、確かに入手先の会社が存在したのにはびっくりしたものだ。
アメリカ大陸は広いから、通信販売のカタログ等が昔から充実していたのだろう。
今では全てがアマゾン大水量にのみ込まれようとしているが。

さて、それが種であるか苗であるか知らないが、新島襄が九州に来た際に、手土産代わりにそれを渡しているのである。
久留米の高良山途中であるとか、山鹿あたりの小学校、そして熊本の旧徳富蘇峰邸の庭。

道を歩く人からは花を確認するのは困難かもしれない。
あまりにも期待を裏切られてばかりだったから、数年前に、その手前にチャンチンの木を植えてしまい、
そちらの方が勝手に株分けしながら本数を増やし続けているのである。
高い生垣となっている。





最後に、この皮肉を理解できるほんの少数の為に書き込んでおこう。

オーレアでもしっかり咲きましたよ。
多様性を認めず、排除までしてしまうアメリカキササゲ殿





雨に打たれて
2018年5月8日



悲しいかな、通潤橋の石積崩落写真が送られてきた。
熊本地震の影響を受けて、その復旧工事が年内完了予定であったとのこと。
昨日の大雨で積み石が落下したとのこと。
新聞には見通しが立たなくなったとある。

通潤橋・・・素敵な名前である。
何故通潤なのかいろいろと調べていたら、熊本国府高校パソコン同好会の記載記事に出会った。

「通潤橋」名前の由来
通潤橋は当初は、「吹上台眼鑑橋」と呼ばれていたが、肥後藩の藩校「時習館」教導師であった「真野源之助」が「易損卦程伝」にある「澤在山下其気上通潤及草木百物(サワハサンカニアリ ソノキウエニツウズ ウルオイハ ソウモク ヒャクブツニオヨブ)」という文章から採択、「通潤橋」と命名したものである。(子孫であられる真野豊雄先生の「通潤橋と真野源之助」より)何と的を射た命名であろうか、先人の知恵に感心するばかりです。
この風景を見るほどに、先人の「水」をめぐる想いを再認識させられる。
上益城郡矢部町にあるころから、一度は、一度はと思いながら行けてない崇高なる場所である。
私も言いたい、何と的を射た命名であろうか。
後世に残していただきたい。
現在は山都町となっている。

大切なことを書き忘れていた。
この橋は、水が通るための橋であるということを。




雨に濡れても
2018年5月7日








筑後吉井へ
2018年5月7日

子どもの日に、母の生家がある吉井へ行く。
目的は二つ。
○叔父が有機バリバリで作った”スナップエンドウ”をいただくこと。
○合鴨家族古野農場で知り合っていた内藤氏の古民家を訪ねること。

内藤邸は、筑後吉井の小さな美術館めぐりの28番ポイントにもなっていた。



廃屋状態を知る私には、相当の驚きと感動であった。
また、その壁面に飾られていた内藤氏のお父さんによる版画が素晴らしかった。



子どものころ吉井の町はプラモデルを買う唯一の目的で行き来していた。
活き活きした今の白壁など目にも入ってなかったように思う。

まちづくりの成功事例のひとつであろう。
ただ、前々から気になることが・・・
何も皆さん思わないのだろうか。
電柱・電線を排除し、すっきりさせようとしたのであろうが・・・
すっきりしない。



昨年寄った成田山までの門前町には
このような配慮もされているというのに。



この差は何であろう?

内藤良夫氏の素敵な版画を見せていただいたのに、
いい気分”になれなくて
ブルーになる。





バラ・・・どうみても満開
2018年5月2日

雨の中、役場周辺のバラを車から開花確認。
どうみても満開。

13日の粕屋町バラまつり・・・後の祭りか?
花はバラバラになっていそうだ。
明日はカメラを持って駕与丁。

追記
2018年5月3日
宣言通り、駕与丁のバラをカメラに取り込んできた。
詳しくは粕屋町議会非公式ウエブサイトに書き込んでいる。

なので、ここには今朝の我が家のバラを一枚。



我が最愛のバラ”デピュタント”はその名の通りまだ蕾である。
なのでまだ未公開。



久我記念美術館
2018年4月30日

町の教育委員をされている方が主宰されている鉛筆画展へ行く。
~5月13日まで。



須恵町皿山のつつじは季すでに遅く、悲しい姿になっていた。
なので、須恵町の歴史資料館へ初めての入館。
昭和の生活用品が多々展示してあって、我が人生の間に激変した生活環境をまざまざと見せつけられた思いである。




志免ぼた山周辺模型
竪坑櫓は、素晴らしきランドマークである。


さて、久我美術館では多くの方々の色鉛筆画を見せていただく。
感性を育てる空間が、この建物、そしてその周辺にいっぱいある。



テーマを設けられていて、3本の色鉛筆を使った作品が多く展示されている。
色の三原色を基に素敵な色使いがなされている。
かぼちゃとレモンが一番のお気に入りであった。


主宰者の作品である。
サインがたのしい。
解読できるか?
委員名を知って無いと無理かも・・・・




ノルマ
2018年4月28日

好きな言葉ではないけど、基本毎日10000歩をノルマとして課している。
現場に出るとだいたい達成する。
そうでない日は3000歩くらいにしかならない。
なので、5時過ぎからウォーキングに出る。

正確には散策か。
昨日久しぶりに大川小学校の少し上流で飛翔するカワセミを発見。
勢いづいて本日はカメラを持参。
昨日と同じところで発見。



数十枚撮影できた。
最高のショットは公開しないで、
葉裏に隠れたカワセミを登場させておこう。





筥松での仕事
2018年4月23日

20日金曜日、筥松で樹木の管理。
気になるのは、気になる木のことではなく、飛行機の機。
5~10分おきに樹上を爆音を轟かせながら飛び交う。

カワセミ撮影用のカメラを持ち込んでいたので、
弁当を食べ、新聞を読みながらの飛行機撮影。
結局、1時間に17機が着陸態勢で飛び込んでくる。

カワセミを撮影するより簡単。
飛来するコースがほとんど同一であるし、
爆音を轟かしながらの予告まである。
また、その物体もでかい。

大きく書いてしまった。
実のところ17機すべてにシャッターを切ったのであるが、
結果は3/17というところか。
微妙な間隔で、カメラの電源が自動オフになっていたりして、慌てふためくのである。

どうにか撮影した飛行物体を載せておこう。






この角度で見たら離陸後という感じだが。




季節が変
2018年4月12日

ご近所の菜園から、巻くこともなく花芽が上がったキャベツを毎日頂いている。
ある人が、ニュースでキャベツが巻かないことを取り上げていたよ、と教えてくれた。
ムラサキハナナが今年咲かないとの話を聞いた。
我が家の藤はもう満開。
いつもより10日以上早い。
ヒトツバタゴも咲いている。

このところ、毎日1万歩以上を目標に、近隣を散策している。
歩いてみる世界は、見えるもの、感じるものが随分と違ってくる。
小さな町なのに歩いて用を済ますということがなくなってきている。
足元が見えていない。
足元を見ようとしていないということか。

スクーターでは、町内すべての道を通ったと言っていたが、まだまだ、まだまだ。
次なる目標は、町内すべての道を踏破。

アプリで、自分の歩いた道は塗りつぶされる・・・なんていうのがあるのだろう。
ただ、バッテリーの消耗が激しそう。

戻って、5~6冊あるゼンリンの地図に手作業でマーキングしていくというのが、自分らしいのかも。


我が家の2階窓から見たヒトツバタゴと藤




田主丸行
2018年3月18日

春本番?
暖かい、いや、暑い。
少し早いが、今年13回忌の父の墓参りと、施設に入所している母を訪ねる。
その前後で、定点観測地点へ。
内山緑地には多くの花見客。



カワズサクラは満開。



モクレンも山肌を白く染めていた。



吉木の叔母のところにある正義は、強剪定で迫力がなかった。
花守をしていた叔母が近くにいなくなったのが痛い。

庭木の状態と、家主の健康度は比例しているのだろう。
主がいなくなった住まいは、家屋は勿論、庭木までもが痛んでくる。
叔母のために咲いていてくれたであろう古木の椿。
定点観測、いつまで続けられるやら・・・・




タイトルが取れないでいる
2018年3月11日


2月、3月の我が家は誕生日が連なる。
今年は長男から、私ども夫婦それぞれに本が送られてきた。



私には『教養としての世界史の読み方』
強要されないで読む読書は楽しい。



このところ図書館の在り方についていろいろ勉強していた関係で、
例年以上に嬉しい一品となった。

ブックスタートや、読み聞かせ等々子どもが読書習慣をつけるための方策がいろいろとある。
妻が試みた結果は?
最終的に、その成果があったかどうか?

そもそも
息子が本を親に贈るという行為は、その最たる証明であろう。

深読みすれば、もっと本読めよということかもしれない

では、もうひとつ前の証明や如何に!
私がそれなりに本を読むというのはどうしてなのか?

私は両親が読書をしている思い出などまったくない。
何分にも書物・雑誌というものが生家にほとんど存在しなかった。
『家の光』というものが、地域の割り当て当番で時々購入することがあったが、
ほとんど読まれなくて、私が一番見ていたような気がする。
小学校2年生のとき、新学期に教科書購入代金を親から間違って預かったがために(教科書が無償であるという認識が弱かったために)
特別販売会で何もわからない私は全教科のドリルを代わりに購入する羽目になり、
大目玉の母から、間違って購入したそのドリルを強要されつづけた思い出は、
今となっては懐かしい。
宿題も大嫌いで、プリントなどは捨てる勇気はないので、いつも箪笥裏の隙間に落とし入れていた。
なので、大掃除の類にはいつも冷や冷やであった。

話題が大いにブレてしまった。

町の図書館?や本屋さんなどは近くになかった。少年マガジンなどの漫画雑誌も得意とはしていなかった。
学校図書室の本はそれなりに借りていた。
本に付けられた借出しカード?が結構な影響を与えた。
あの当時は個人情報保護などありもしなかった。
逆に、読んだ人の情報や、借出しの頻度から借りるのを決定するということも大いにあった。
タイトル的に女性的であったり、別世界の本は、カードに名前を書くのが躊躇された。

ここまで書いてきても、私が読書習慣が身についたという説得には何もならない。

ここでしばらく間があいた。
どうしてだろう?
活字を追うことがなかったのか?

大切な媒体を私は忘れていた。
新聞である。
何もすることが無い時、よく新聞の活字を追っていたのである。
病気で学校を休んだ時など、新聞を隅から隅まで読んでいた。
基本、活字に飢えた少年だったのだろう。



さて、明日となってしまう。

さてさて、
10日の誕生日当日には、出張先のセビリアからお祝いのメールが送られてきた。

逆に私は何を贈ったか?
もう息子に贈るものは無いような・・・
ひとつ飛び越し、双子の孫たちには街で見かけたものを直ぐに送りたくなるような気分になる。
あくまでも気分だけども。

その内に、かまぼこでも贈ろう。

追記
タイトルの意味が理解できないでいる、書いた本人が。





桂川
2018年3月3日



恒例となった合鴨家族・古野農場での味噌づくり。
古野久美子さんの指導のもと、
今年も一年分の味噌を仕込んだ。
本日は8組の家族がやってくるとのこと。
自分たちの時は真剣作業で、味噌の素まみれの手で
本日初おろしのEOS6DmarkⅡに触れることなどもってのほか。
我らの次に来た若い奥さんペアを撮ってあげた。
といっても、なにもあげないけど。



若い方がこのようなことをされると嬉しくなる。
妻をさておき、ジョーク満載で話しかけてばかりいた。

お盆を過ぎたら開封可とのこと。
我が家ではちょっとした、”蔵開き”である。




大山
2018年2月24日

「大山ダム水源地域上下流交流事業(植樹祭)in田来原美しい森づくり公園」に参加した。
町役場で募集していたが、
まったく個人的な趣味・関心のもと応募した。
ついでに、素敵な議会だより用の写真が撮れたらいいなと願いながら。

20年以上前だろう。家族と仲間10数人でこの初?イベントに参加していた。



その時の記念品がこのキャップとC.W.ニコルさんから頂いたサインである。
会場に展示されていた写真を写していたが、
いま改めて見入ると大いなる変化がわかる。



背景の樹木が、このように変化している。


福岡都市圏における水道水の1/3は筑後川水系との説明があった。
職員の話では、粕屋町の比率は半分近いとのこと。

そうであればなおさらのこと、水源を大切にするこのようなイベントに多くの町民が参加すべきであろう。

『森は海の恋人』

という素敵なフレーズもある。
本日植えた梨の苗木にまた会いに行こう。



帰りのバスの中で、全員に福岡地区水道企業団の「ふくおかの水」を頂きました。
ひとしずくの中に素敵な言葉がありますので、写真を大きく掲載しておきます。
災害用備蓄水(5年間)でもあります。
これから出回るでしょう。



福岡
2018年2月12日

ヤギも真っ白!・・・?



沖縄
2018年1月28日



一週間前に、友人が左のチラシを居住地の図書館で入手した。
直ぐに電話があり”九州国立博物館へ行こう”ということに。
娘さんが沖縄在住の知人をも誘って野郎3人でのコンサートへとあいなった。

私はこの世界に無知同然であったが、
スクリーンに地図も導入されての解説でよく理解できた。
琉球列島をひとくくりにできないということを。
沖縄本島の人が、宮古の言葉を理解できないほどの差異があるということを。

中央の顔写真は、ご主人で伴奏・プロデューサーの佐原氏。
サイン会の時に会話出来たのに、残念。
彼は同じ大学の同時期に在学していたことを後で知る。

肝心の唄は?

勿論BGMとして新たに購入したCDを聴きながらこの文章を書いている。
時折両手を挙げて・・・
直ぐに 影響を受ける私である。

古謝(こじゃ)さんが歌い始めて、最前列で踊りたくてわくわくソワソワしている最前列の二人を見つけると
唄を中断して、踊ることを催促。
最終的には通路全体が踊りの場と化したのである。

唄の力は偉大である。
その道の第一人者は素晴らしい。
心豊かになれた一日であった。

2月には人生2度目の沖縄旅行。
沖縄の風土にどっぷり触れてみたい。

書き込み途中で来客あり。



このポスターを持って来られた。
興味ある方是非参加を。
私も3月議会休会日なので参加予定。

沖縄のトカラ山羊にもどっぷり触れてみたい。






銀世界一歩手前
2018年1月9日

北海道のすすき野ではないけど
魅惑的な色を出していた。



おそらく本日からの大雪で、草原の輝きも終了か?

3連休最後の日、雨天で交通量もさほどなく予定以上に回れた。
たまには友人のところへ・・・・

看板下の文字が目に入らなかった。



友人は近隣…といっても数キロ離れている・・・住民の方々との芋煮?会の準備中。
ほんのひと時暖炉の前で歓談。
火を眺めながらの会話=至福のひとときであった。



クマさんは、
当分の間、冬眠します
と書いてあれば・・・・



2018年年賀状…転載
粕屋町内の方々には公職選挙法により自筆別文です。

謹賀新年

★★★昨年一番のヒットは?★★★

4月の町議選で再選を果たしたこと?

ヤギさんの出産? 次男の結婚? 孫の成長?

「人生フルーツ」と出会ったこと?

北斎展で刺激を受け過ぎたこと?

いえいえ、いつものように選択している暇はない。

ここは急場凌ぎで、キューバ旅行での一枚。 Hola!

2018年もよろしくお願いいたします。

811-2319 住居表示変更しています。

福岡県糟屋郡粕屋町戸原西1-11-22 中野敏郎





謹賀新年
2018年1月1日

フライングでの書き込みではありますが、
2018年の門出を祝したいと思います。

早朝より近場のぼた山へ初日の出を求めて登山してきます。
例年200名近い登山者で賑わっております。



確率5割程かもしれませんが、目的は別のところにあります。
上手くできるかどうか、
本年を占う試金石となることでしょう。

この場所での日の出時刻は7時55分です。
カメラのデータが教えてくれました。

それでは山頂にてお会いしましょう。

ついでに、年賀状で使用したかった、キューバでの一枚。
10月24日の朝日です。





3連チャンの忘年会すべてキャンセル
2017年12月22日~24日

B型インフルエンザをどこで頂いてきたのか?
東京から戻り、次の月曜日はしっかり働いた。
火曜日朝から少し変だな・・・・という感じで一日働くも夕方から熱が出てくる始末。
水曜日に病院でインフルエンザを宣告され、
木曜日、金曜日と昼食・ヤギの餌確保だけに外出するだけ。
あとは寝たっきり。

ただし、悶々としているなかで、怪我の功名というのか素晴らしい構想ができあがった。

その公表は別タイトルに譲ろう。

昨夜は体力が回復し、妻が与えた小説を22時くらいから読み始める。
ハマってしまった。
朝3時過ぎまで読み続ける。
最後のどんでん返しには思わず涙が・・・
『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』
というタイトルで、私が主体的に読むような本ではないのだけど、
『永遠の0』を読んだ時のように映像が明快に浮かび上がるのである。
後者はそののち映画化されるのだが、
前者は解説を読むと映画化の方が先にあったようだ。
読んでいて、これは映画化しやすい構成だなと考えていたのだが、
そうとは知らなんだ。
映画も見てみたくなった。

さて、明日から仕事再開だ。

追記
まだ映画館で興行中であった。
早速イオンシネマで鑑賞。

残念ながら映画はさっぱりであった。
文庫読むのに5時間かかっている。
一方映画の上映時間は精々2時間。
無理がある。

変な加工がしてあり、本質が抜けた内容に仕上がっていた。
自分の空想力の方がまだまだましであった。





一年振りに
2017年12月17日

孫の一歳を祝うために上京。
一年前の誕生時は、帰りしな京都に途中下車で、憧れの若冲展を見に行く。
今回は、土曜日にお祝い事は終了し、上野のお山の国立西洋美術館へ初見参。


この比率だとスマートになる


特別展示は『北斎とジャポニスム』

サブタイトルに
HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

これでもか、これでもか、これでもか
というくらいに北斎の多大なる影響力を実証的に展示してあった。

モネ、ドガ、セザンヌ・・・・

スタートはヨーロッパに輸出された有田焼の緩衝材として使われていたシワシワの浮世絵が、

ゴーガン、ゴッホ、カサット・・・にも多大なる影響を与える。

今回は中野敏郎も多大なる反省の言葉を書かねばならない羽目となった。


短大・大学で講師をしているときに
毎日毎日ひとつだけでもスケッチをしていけば
観察力と描写する力はつくと学生に語っていた。
自らはそうすることなしに。

本日北斎の多くの作品に出合い、感動を新たにする場面が多々あったのであるが、
その中でもガラスケースに入った「一筆画譜」には見入ってしまった。
私が感動した時の悪癖は、
誰とでもその喜びを共有しよう、共有できるものと思い込み、見知らぬ人にも勝手に話しかける
ということ。

今回もたまたま近くにいた見知らぬおばさんにそのことを伝えようと話しかけると、
逆にそのおばさんから素晴らしい返礼の言葉をいただいた。

「素晴らしいですね、この1ページ欲しいですよね」

その言葉に共鳴してワイワイ盛り上がっていると、
ガラスケースの周りにひとだかりが・・・・

この一筆画譜があれば私も毎日スケッチでも始めれるかな?
私も欲しいななどと考えていたら在ったのである。
売店に、同じように製本された一筆画譜が。



ただ、びっくり。
21,600円という価格に。

その時はおっかなで躊躇し、隣に写る豆本で1500円のものを購入した。

前出の西洋画家たちが、その当時この画譜を目にしたら
プライスレスで入手したに違いない。

そう思うと買っておけばよかった・・・・・・・・
ここまでお金をかけると毎日毎日スケッチが・・・・・・・・・・


いやいや、お金の問題ではないのかも。



定点観測
2017年12月7日

このところよく通る道。
その変化を楽しんだ風景。
日々変化し、今ではほとんどこの様相を呈していない。

前者は誰かが意図して植栽したわけではない。
強いてあげれば、鳥さんが種を蒔いたということであろう。
後者は・・・線路脇ではあるし誰かが勝手に?

今年は忙しくて紅葉を目指しての小旅行ということもなかった。
ただ、例年以上に高速道路の路肩であるとか、線路脇の空間にこれまた勝手に育った雑木の紅葉に
目が奪われた。
雄大な景ではないけど、写真フレームにおさまる自然な秋の彩りが。

何ら彼らに栄養を与えているわけではないのだけど
好き勝手に循環を繰り返しながら、そして、太陽のエネルギーを取り込みながら大きく育ったのだ。


風が吹けば枯葉が落ちる
枯葉が落ちれば土が肥える
土が肥えれば果実が実る
こつこつ
ゆっくり

人生フルーツ




ぼた山南面の紅葉


近所のイチョウ

忘れていた。
小旅行はしなかったけど、
大旅行の最終日にカナダのナイアガラ周辺でメープル等の紅葉を堪能していた。

こちらは2度目の定点観測だけど、もう次はない。




かなたまでかなだ






2017年11月20日

11月18日土曜日に次男坊が披露宴をおこなう。
私の結婚式は、私の両親の範疇で執り行われた。
つまり、いくらかかったというのも知らないし、ご祝儀を誰がどれだけ?
というのもいまだ把握していない。

長男、次男とも自分で相手を決め、すべての段取りをも彼らが取り持った。
私がしたのは、フィナーレの”両家を代表し、新郎の・・・”というやつだけである。

長男の時のそれは、以前書いたので省くが、
両者ともそれなりの評価をいただいた。

今回、主役を食ってはいけないよ、との言葉や、
前回には無かった近親者からの評価が、
私の時もよろしく、であるとか、
兄が”衆議院議員でも立候補したら・・・”と云ってくれたり。
額面通り受け取っておこう。


河井寛次郎の言葉はとにかくいい。
いいものを上手く紹介すればそれなりに評価を頂けるというのは理にかなっている。
私のホームページ表紙に、永久欠番のように残している。
消すことはないだろう。



これは、リハーサルでのスナップ。
実は、本番もこの状態になり、大うけであった。
これも永久欠番である。




憧れの世界?
2017年10月30日

キューバのありふれた風景








もらい湯
2017年9月28日

伊賀薬師堂奉賛会の会費集金に伺ったら、
素敵な暖簾に出会った。
本番までは残り2週間。
その日が待ち遠しくて玄関先に置いてあることみえみえ。
会話を通じてもその思いがわかる。

以前は町内2~3か所で行われていた子ども会行事だが、
今は戸原のみ。

行政も増えることを望んでいるようだが・・・・






小学生に先取りされる。
2017年9月11日

9月9日は町内小中学校の学校公開日。
地元の大川小学校を訪ねる。
多目的教室で、夏休み作品を展示してあった。

相当数あったのであるが、響くものは伝わるものである。

これが、今回のタイトル。





小学生に、ヤギチーズを作るのを、先取りされたのである。
悔しくはなかった。同胞が増えて嬉しかった。
このヤギ乳、どこで入手したのかな? と考えが及んだ。
この道の先輩に尋ねれば一挙解決だろう。

我が家のメイちゃんもまだ母乳を出しているが・・・・



泣くことはいいことだ(その2)
2017年9月5日

昨夜食事でお酒を飲んで早めの就寝していると、
10時くらいだったのか、まったく定かではないのだけど、
「ねえねえ、子ヤギさんが泣いてるよ」
との妻からの声で起き上がる。

子ヤギのきいが、パレット隙間に後足を挟み、痛々しい声で吊り下がりながら大泣きの状態であった。
上半身を抱え上げて足を外そうにもなかなか取れない。
気が気でない妻も出てきており、手伝おうという。
メイちゃん(母ヤギ)は心配そうに邪魔をすることもなく見ている。

私は懸命に引っ張り出す。パレット本体が持ち上がるほどの状態であった。

骨折していないか心配で、しばらく懐中電灯の明かりで確認する。
メイちゃんも、ももも心配そうに寄り添う。
痛めた足を大地につけようとしない。できない?

ただ、きいの表情は穏やかだったので自宅に戻る。

朝4時に起きて、6時前明るくなって確認・・・・元気で良かった。
一般質問に影響を与えることもなかった。

泣いてくれて良かった。


おっぱいを吸う姿を狙っていた。
議会だよりの表紙は絶対それだと思っていた。

時すでに遅く、本日撮影とあいなった。



3ケ月経過している。




泣くとはいいことだ。
2017年8月31日

明日から9月、そして9月議会。
火曜日の一般質問に向けて準備をしている。

早朝から子ヤギさんが啼いていた。
なので、
アトリエの前に親だけを繋ぎ、子ヤギたちはその周辺を自由に遊ばせている。
と、突然子ヤギのきいが泣き出した。
大きく泣き出した。
親ヤギも共鳴する。
私は外に駆け出す。
椅子が倒れて、その隙間に足が挟まっている。
素早く解放してやる。

泣くとはいいことだ。
何かを訴えている。
盆に帰省していた双子の孫たちもよく泣いていた。

文脈は違うことにしたいが、私の髭面を見てよく泣いた。


このように泣けるのもいつまでのことだろう。
理性で抑え込む。
大人も自分の立場で自分が泣くのを抑え込む。

苦しんでいるのが解らなくなる。

だったら、
泣いた方がいい。




仕事をすることで・・・
2017年8月30日

昨日糸島、暑い中での除草作業をしながらこの写真を思い出した。



「胃の中が大量のプラスチック、あるいは自動車部品などで満杯になっていた」


議員仲間がFBにリンクさせていた記事。
シェアして自分のFBに取り込んでいる。

月3万円楽しごとのワークショップで、報道されない社会問題に私は2回ほど取り上げた。
私はバイクに乗る。スクーターに乗る。車にも乗る。そして、自転車にも。
そのいずれも大地と接触するのはゴムのタイヤ。
乗れば乗るほど、走れば走るほどにそのタイヤは摩耗し、すり減っていく。
そのすり減った微小物質はどうなる?
道路に付着。風が吹いてどこか周辺の窪みに入り込む。
あるいは、雨が降り横の側溝に流れ込む。
やがては、水路,、小川、、河川を経て大海へ。

その微粒子をそれに合った小魚の口が吸いこみ、一部は体内へ取り込まれる。
クジラなどの大きな生物は直接にプラスチック片や人間が使用・消費した残骸を飲み込む。
その結果が上記写真が伝えたいもの。

人間も小魚等を通して体内に十分取り入れていること間違いなし。

7月20日の毎日新聞一面に、
世界のプラごみ63億トン
と大見出しで出ていた。
次に続く文字は、
2050年には倍増。



10年近く前、環境共育の会で、オランダ人の女性を講師としての勉強会があった。
その彼女が、自分のおじいちゃんに、
「人類の発明のなかで、一番すごいものはなに?」
と尋ねたら、
「プラスチック」
と答えられたというくだりがあった。
その当時、韓国ドラマの『チャングム』が放映されていて、
その数ある食器類の中で目を引いたのが、
甕から味噌?を取り出すときに使うひょうたんを半割にしたおたまであった。
そのシーンとプラスチックを組み合わせながら、例えば私が江戸時代にタイムスリップできるとしたら、
ペットボトルを持っていきたいなと思ったものだ。
旅人にとって、飲み物を入れて置けるペットボトルは、軽量で、中身も見えて、少々のショックにも耐えられて、
この上ない代物だと想像できるのだ。
それを大量生産され、再使用することなく再生資源として利用したり、ごみとして燃焼効率を上げる役割で終わる・・・
この流れをどう表現したらいいのだろう。


報道されない社会問題ではなくなっている。
ただ知らない、気づかないだけ。
自然から遊離した生活を続けていると・・・・


除草作業の手を止めて、写真撮影をした。



最近、この手の電動除草道具を使って作業することが多い。
先ずには安全ということ。
壁、フェンス等を壊したり、自分の足を負傷したりがあまりないということが優先選択順位である。
このナイロン商品はいろいろ改良されて強くなっている。
ただ、その流れだけでは商売にならない。
適度に摩耗し、少しずつ飛び散っていく。

ここで思うのである。

この飛散したナイロンが、土に戻ることなく、一部は鳥に、また一部が運良く(悪く)海まで運ばれて
小魚等をスタートとする食物連鎖をしていく。

昨夜の夕食では、その流域・海域で獲れた鯛を購入し塩釜焼でまるまる一尾食した。
安全・便利を考えた除草方法ではあろうが、
長い目では、安全を覆す。

ここに書いたことで、この使用を止めることを宣言するのか?

そんなことはない。
このようなことも深く考えないで、
深く考えないようになり、
当たり前のように続けていく。

そしてそのうちに、

ガーーーン

となるのである。




32年振りの四万十行
2017年8月21日

次男のお嫁さんが徳島からであることにかこつけて、四国4県を縦横にドライブしてきた。
メインはご両親とお会いしてくることである。
吉野川流域にお住まいがあるのだが、吉野川に沿う山手側を走る高速から見える風景は、
緑豊かな中にある家並みの景で、それが素晴らしい連続性をなしていた。
徳島市から延々、昔蔦監督で有名になった池田高校のある池田市まで続くのである。

高速道路が縦方向にもできた関係で、昔訪ねた祖谷渓谷あたりは素通りとなってしまった。
その代わり、徳島を朝9時に発ち、午後の3時には足摺岬に到達してしまう。
岬にある竜串海域公園の奇岩風景には圧倒された。
自然が織りなす造形美。
暑さを吹き飛ばすほど熱くなっていた。






この世界は、6月に恒例として行く宮崎・日南海岸の風景とよく似ている。
日南の場合、鬼の洗濯板と言われる奇岩は陸地と平行に構成されているケースが多かったようだが、
ここは陸地に向かって流れている。
砂岩的な部分は面白いように削れ、造形されている。

さて、もう一つのメインは、32年ぶりの四万十川、そして沈下橋の変化を観察することにあった。
そのスタート地点となる佐田の沈下橋からしてすぐに驚きであった。
沈下橋を観光目的としての人々で溢れていたのである。
本流には20近くの沈下橋があり、今回私が見たそれは8橋ほどであったが、
そのいづれにも、遊覧船があったり、川で泳ぐ子供たちの姿、カヌー遊びを楽しむ若者の姿が付随していたのである。
32年前は、その一つでキャンプを張り、飯盒についた残りご飯粒で魚を大量に釣った思い出も、
今回は親水することもない思い出をたどるだけの旅となった。




沈下橋だけでは現代のような気ぜわしい世の中を渡り歩けないだろうと考えるところ。
やはり、近くに近代的な巨費を投じた橋がいくつか造られていた。



近年、若者が素敵な風景の中、素敵な風景の見える場所に生活の拠点をつくるという事例をよく耳にするが、
32年前、もっと大きなドラマがあればここに定住していたのかも・・・・

追記
この沈下橋はその後11月頃?に橋脚がひとつ沈下して通行止めとなっている。
沈痛な想いである。


シェーヴルチーズ
2017年8月16日

ヤギ友から情報頂いたヤギチーズの番組を数日前録画していた。
その中で紹介されていたヤギチーズと同じものが大丸地下で販売されていた。



2400円なり。
いろいろとヤギ談義を店員さんとした挙句、しっかりと購入した。
最近初めて入荷したとのこと。
表面には炭の粉末をかけて熟成してある。青かびも少々?
中心は真っ白で、やはりヤギ(マトン)的な香りがした。
ジンギスカンを食べるときのあの風味である。
妻には好評で、一緒に録画再生して、料理の研究をしてもらう。
チーズトーストのレシピ紹介があったのだけど、
運悪く数日前からオーブントースターが故障中。

楽生人の目標のひとつは、ヤギチーズを作ること。
食することで少しは近づけるか?


住所が変わります。
2017年8月11日

住居表示委託業者がプレートを貼ってくれていた。
新住所・・・
戸原であることだけは良かったが、
西・一・11・22
これらの記号に愛着がいつの日に訪れるのか?
大字戸原字塚原・・・・これだと地域、地形のイメージができるのだが・・・



このひと月、仕事で体力消耗。
残り一日の今宵、やっとコメントする余力がでてきた。
しかし、住所変更の実施は9月2日から・・・・何の準備もできていない。


このところ自慢出来るようなことが何もないので・・・
2017年8月3日

月に2度ほどの糸島行。
8時に着いて、庭園管理の作業を行い、
昼に志摩の四季でランチ・夕食用魚等を買い、
ハマボウの群生日本一の泉川でカワセミを待ちながらトラックの中で食事をし、
また昼から作業の続きを行う。

そして運命の
15時50分
前原の気温
37.4度
本日の日本一

この最高?のタイミングで私はルドベキアの花がつく枝々を剪定していた。

戻ってきて、表紙になった彼女らに与えてみた。
花殻まで食べてくれた。
楽しみがまた一つ増えた。
彼女らの落とす爆弾に、種が含まれ、それが発芽するのではないかと・・・



大した話題ではない?
ひょうし抜けだったか?
熱くなっていたのに残念。


合鴨を放つ
2017年7月4日

日曜日の朝にいつもの田んぼに多くの人が集まり
合鴨のヒヨコたち29羽を放つ。
これから4ケ月あまり主食とおかずの同時作がつづく。



遠景の馬さん、うまく撮れたでしょうか?


3泊4日の・・
2017年6月22日

手の中に隠し持っていた貴金属を取り出してきた。



手術室に入るのも今回で5回目。
いつも全身麻酔で”あらら”というタイミングで眠りにつく。
今回は踏ん張ろうと、医者・看護師の数を数えていたら
5人ほど数えて、
”5人ですよ”という反応があったことまで覚えているのだが、それ以降は・・・・

目が覚めるといつものように病室に戻っていた。
前回から先生に手の内を見られてしまっているので、
ジョークの炸裂とはいかなかった。
逆に3週ほどは手作業厳禁ですよと伝えられた折には
きついジョークを言い返されたのかと思った。

議会前であれば頭脳のフル回転だけで過ごせたのに、
この段階での3週間は痛い。
毎日毎日雨よ降れ!
そう願うしかない。





名前を付けました。
もも と きい
単純すぎますが・・・・



出産第3弾?
2017年6月3日

昨夜8時35分から40分にかけてヤギさんの出産。



予定では10日の土曜日だったけど、一週早く登場してくれました。
議会開会中であったので、ちょうど都合の良いタイミングに生まれてくれました。

自宅横に工事中の牧草地はまだまだだけど、離乳するひと月後には草も生えて、
映えた世界を醸し出してくれることでしょう。

その後・・・・・
順調に育つ‥‥6月6日






まだまだ、「人生フルーツ」の影響下にある私。
2017年5月10日

伊万里市への自主的な議員研修会のついでに「人生フルーツ」の津端修一さんが監修?された
伊万里市二里にある「街のサナーレ」を見学に行った。
予備知識は、ドキュメントで登場されたスタッフや、ラフスケッチで打ち合わせされている情景、
建物完成後の風景を知るのみであった。
そこに喫茶店を併設?されてあるとは知らなかった。
12時オープンだったので30分ほどぶらりとしてカフェに入った。
その時点で楽しみにしていた伊万里牛を食することも諦めていた。





店名はクール・ド・ナチュール
自然なこころで 気のままに

「人生フルーツ」を3回観たと店長に語ったら
いろんな配慮をしていただいた。
津端修一・英子さんとの交流記録集を見せていただいたり、
津端さんと直接交流されたスタッフを呼び寄せていただいていろんな意見交流ができたりと・・・
勿論、話は大いに盛り上がった。
私も、先方も目指す社会は同じところにあるのだから。

この時点で、昼食をとるのを諦めていた。

伊万里市議会のメンバーがどなたか来られましたか?
と尋ねたら、お一人は見えられたようですが・・・
との話であった。

この後の議員研修会でコメントしたかったが、
それ以上に聞きたいことがあったので取りやめにした。



このようなイラストも描きいれる津端さん。
少しでも近づきたい。



メイちゃん牧場
2017年5月8日

お隣の土地(畑)をお借りすることになった。
目的はヤギさんの牧草確保、運動の場。




整地して芝地みたいにしようと考えている。
伸びすぎたら芝刈機でバリバリカット。
日よけがないのでパラソルでも設置しよう。

やっと念願の、ほのぼのワールドが創れる。



さわやかな朝に
2017年4月19日

3日坊主の朝立をやって、
最後に小学生たちとワイワイやって戻ってくる道中に
自然とこの歌を口ずさんでいた。

かぐや姫 ひとりきり

歌では、”今はない、今はない・・・・・”と否定している部分。
まだまだある。
何もないー見ればある 河井寛次郎
これこそ、寛次郎の精神だ。
ほのぼの、さわやかな世界を日常の中に。
そんな使命感が湧いてくる。



我が家で一番背の高いメタセコイアを伐採
2017年3月31日

今朝は雨。
自宅を新築した年にあこがれのメタセコイアを4本記念樹として植えた。
3本はツリーハウスをつくるための土台となるように。
もう一本はこの近辺のランドマークとなるように。



予定を通り越し、あまりにも高く伸びすぎて、それを支える根っこを敷地に張り巡らせている。
カチガラスが巣を数回造った思い入れの樹木であるが、
目指す『人生フルーツ』に影響するので、
やむなく伐採することとした。

まだ残っている主幹も堂々としているのだが、
この材料は柔らかすぎて木材として価値がないと云われている。
このままの姿で残したい気もするが、根っこのことを考えると・・・・





長男が3歳の頃に食べた枇杷が美味しいということで、
その種を蒔いていた。
大学に合格して家を離れた年から実がいっぱいつくようになった。
その後メタセコイアに押さえつけられて上に伸び悩んでいたが、
光をいただき背をもたげることだろう。

10年ほど前に植えた”かんめら”はいっぱい花を咲かせている。



『人生フルーツ』…着々と


還暦赤いタイトルが似合うのか
2017年3月12日

3月10日は人生の節目であった。
早朝仕事に粕屋東中学校卒業式出席、午後から議会予算委員会、仕事、夕方より地域子ども会育成会総会への参加と
慌ただしい一日であった。
楽しみにしていた寿司屋での会食もまだできないでいる。

中学担任であった恩師のご主人から著書を謹呈されていた。
なので、夜な夜な読んでいた。
読み終えるタイミングと田主丸へ樹木の購入用件が重なり11日先生宅を訪問。

恩師は、ターシャ・テューダー的な、あるいは「人生フルーツ」的生活をされている。
伺った時も、不自由な視力も何のその、野良作業をされていた。

ご主人の新刊の第1刷発行日が3月11日になっていたので、気になっていたのだが、
それは単純なこと、私と一日違いの誕生日ということであった。

ここへ行くと、人生のいろんなん示唆をいただける。
それだけではなく、いろんなお土産までもいただいて帰ることになる。

リーダーたるものの要件、
「指針」と「評価」
「的確な指針」と「正当な評価」

リーダーではないが、そうある方にはそれを要求し、
私自身は素養を高める”還暦”後の人生としたい。



町内に指名手配ともとれる写真を拡散したために
2017年2月20日

我が家から一番近い食堂で遅れての昼食をとった。
私以外に初老の方1名が食事をされていた。
「べっぴんさん」を見ながらゆっくり食べ終えると、
先に食べ終えておられた男性から声をかけられる。
これから先のことは次の粕屋未来図通信に書きます。


今回の議員通信は今のところ9000枚。
これまでの8号分で80000枚としたら
相当に町内で浸透している筈だ。
スクーター運転中にも目線を感じる。
一方的に覚えられて


一日に映画3本
2017年2月11日

本日は建国記念日=母親の誕生日であるが、予定していた親族による祝いの席は、昨日からの寒波&積雪で延期となった。
なので、朝9時からの「人生フルーツ」のチケット購入から始まり、
「たかが世界の終わり」
「幸せなひとりぼっち」
「人生フルーツ」
そして、監督・プロデュ―サーの舞台挨拶
と流れるように梯子した。
食事は途中で、ハムサンド1枚。
トイレ1回。
後の2本は立ち見も出るほどで、2本目は一番前の一番右の椅子で鑑賞する羽目になった。



本日どうしても行きたかった(あきらめていたのだが)のは、
「人生フルーツ」のプロデューサー阿武野勝彦氏が 大学の同期、同学年、同専攻であったということ。


阿武野氏

彼はあぶのでA,私はなかのでN.ということから100人以上いる専攻生の中、アルファベット順に振り分けられる小クラス、ゼミ等で
同クラスになることもなかった。
今回彼と少々会話したのだが、これが最初であり最後となろう。



彼は東海テレビで”阿武野組”というような制作集団のりーだーとして、素晴らしい作品を世に送り出している。
「ヤクザと憲法」などこの世界(ドキュメンタリー)では話題作も多いが、
チャンスを逃すとなかなか見ることが出来ない。
勿論多くの作品は東海テレビの放送エリアだけでだけでしかテレビ放映されていないのである。

今回の舞台挨拶で彼は、テレビ局に対して
”パッシングより、撫でて、育てて”
でいって欲しいという要望を言っていた。
その方が良き作品が生まれるというのだ。

この言葉、妙に私にヒットした。
このところ3月から始まる議会のことが私の意識のほとんどを占めているからである。
彼が薦めるようなスタイルでの質問・提案のほうが残るものがありそうな気がする。

先週観た「未来を花束にして」でも心に残ったのは

”心を奪う言葉こそ、人を動かす”

非難する言葉は心に残るかもしれないけど、心を奪う言葉は、何かを生み出そうとする原動力になりそうだ。

それにしても、人生フルーツの庭は300坪。私の使っている土地も300坪。
これまで庭園樹をメインに植えていたが、今大改造中の庭は、まさに津端さんの庭みたいに
果樹と野菜を収穫して、それを加工するような空間を併せ持つ庭なのだ。
残念ながら彼に40年遅れをとってしまった。
しかし、その遅れを取り戻そうとは思わない。
これもまたスローライフの一片としたい。

追記

2月13日にサンレイク粕屋の多目的ホールで
25noせっせと春支度
が開催されていた。
チラシ配布の途中に食事を兼ねればいいな、というところで1時前に立ち寄る。
スタート時点で120名ほどが並んでいたとの情報を得ていたが、
残り1時間のこのタイミングでも大盛り上がり。
新しい時代の作家さんたちの作品がところせましと並んでいる。
知り合いのパン屋さんでパンを買って・・・と思っていたら、田中屋さんの盛沢山焼きそばに目がいく。
ホールにて知人と食事をしていると、
そこに新たな女性が登場。
気おくれしながらも会話をしていくと、いろんな共通項があり、お互いにおっかなびっくり。
会話の流れの中で、”人生フルーツ”のドキュメンタリーのことを話していくと
彼女も別の媒体を通して知っていて、
そして、私以上にファンであり、
そのことを知っただけでもなんだかうれしい一日となった。

こんなことでも幸せになれるものなんだ。

素敵な共通項・・・増殖しなければ・・・



久山と土井を結ぶ
2017年2月9日

30数年前は炭鉱の跡地であった土井の住宅団地で1日槇の手入れ。
オーナーは同年代で、興味関心の世界も近いのか、
作業する私に色んな郷土近代史を教えてくださる。

そのまた先生が近くにおられて、青葉地域で資料を公開された時のパネルを写真撮影されたとのこと。
それを、お茶の時、ランチ後に見せていただいたが
3時過ぎには雨も予想されるほど曇り出したので、データをメールで送っていただくことにした。




解説にあるように、この近辺の線路・駅は炭鉱のためか、神社仏閣への参拝のために設置されている。
右下の塔は今も唯一?現存する。



これが、久山の山田炭鉱と土井を空中で結ぶ石炭搬送用のケーブルである。
線路を造るほどに石炭の埋蔵量が期待できなかったのだろう。
幼少の頃、土井駅近所に住んでいた奥様は、このケーブルが動いている姿・音を覚えておられた。

さて、次は合併して粕屋町ができたころの土井近辺空撮




集落?が土井駅の辺り。
それより写真上方に別の炭鉱が見える。

個人的な話であるが、別府壽信氏はこの年に生まれているだろう。
私と彼は同じ田主丸生まれである。
中学の時彼の中学校と軟式野球で対戦していた。(私が1学年下)
その後、別府一家は造園業で、この地に居を構えられ、今日の(株)別府梢風園がある。
私は3年間しか奉職していないが、その当時会長が私たちによく語られていた。

「人は、水の流れのごとくに集まってくる」

確かに。
梢風園の旧旧社屋、現在の梢風園ウィンズビルは土井の中心に位置している。

写真上方貯水池と土井駅を結ぶ辺りは”谷”とも呼ばれていたようである。

一代を築く人というのは、このような広い視野をもつものなのだろう。
時の首相は、”俯瞰”という言葉を施政方針で多用していた。
私は賀状に、スリム化、そして鳥瞰する・・・・と宣言していた。

そしてみなさんには空間軸ではなく時間軸での長ーーーい目で私の行動をみて頂きたいものです。

追記

この1956年あたりの日本総人口は約9000万人。
2050年には推定人口は9000万人。
世帯あたりの人数は格段に減少しているのだが、
そして、都市集中が進行したのだが、
人口は元通りになっても
元通りにならないのは、この緑と農地だろう。



SUN²かすや新風会主催の「ふるさとがえり 無料上映会」
2017年1月21日

昨夜トクノ・スクールの研修会で

「おらほの村の何を守る」

というタイトルで東北の人口減少村を取り上げたNHK番組を題材に学んだばかりで
本日はこのタイトルである。

この映画は2012年に制作されているが、この手の映画が最近多い。
限界集落、人口減少社会等々メディアに溢れんばかりの情報提供がなされている昨今である。

制作者に”その土地で生きてきた記憶”がしっかりと記録されているから、
その再現をしてみたくなるのであろう。

秘密基地、豊かな川の流れ、里山での動植物との触れ合い等々
古き良き時代のアイテムはいっぱいある。

ただ、人と人とのつながりが再現できなくなるばかり。

タイトルに添え書きしてあるように、
生き方を考えなければならないのだろう。


誰と生きるか、
何を愛するか、
それが人生ーーー



この作品、消防団員への理解と募集活動の一助としても使われているようだ。
地域役員の上映会参加はいかがだったろうか?


仕事をしていると・・・
2019年1月18日

大野城市の団地入口近く、人目に付く場所での作業をここ数日行っている。
お歳を召した方々がよく歩いて横を通られる。

昨日、ひとりのおばさんが、
「芸術的な作品ができてますね」
とお声がけなされた。

そのすぐ後に別の老婦人が今度は、
「アートができてますね、楽しみですね」

本日は、また別のおばさんから、
「面白いアイデアですね。完成が楽しみだわ」

三人組の女性から、
「いいわね、家もしたいわ。」


写真は?・・・・載せません。
これを見られて、注文殺到したら困ります。

一年近く待たせているお家の方からの反応はまだ掴んでいない。
あまり芳しくない評価だと、
これは下地ですから、これを基に、あとは植物の力を借りてキレイにします。
ということにしている。

数々の経験からも、確かに植物の力は偉大なり。



ムズムズしているわけではないけど
2017年1月7日

啓蟄にはまだ早すぎる。
地上に芽をだしたいのだろうか?
ムズムズしているわけではないのだけど、
たまたまテレビを見ていたら私の琴線に触れた。
なので皆さんに紹介したい。
下のリンクから
シリーズ1 5月20日放送分を是非見ていただきたい。
進路に悩んでいる受験生に是非。
やりたいことが多すぎてという方にもおススメ。

ムズムズ18

このムズムズが力になる



追記
2017年1月11日

この御両人、新春5日に入籍をした。
彼女も県立高校教員の採用試験に合格し、
それを機に婚約すると言っていたのが、いつの間にか入籍と進んでいった。
入籍の日には徳島のご両親、我が母等を茅乃舎に招待し、祝いの席を設けた。

その日の早朝、図書館から借りていた萱野茂の『アイヌのイタクタクサ』を読んでいた。
たまたま読んでいた個所が、恋愛、結婚をアイヌ語ではどう表現するのかの解説であった。

恋愛は、ウゥォシッコテといい、
ウ:お互い ゥォ:それ、相手、好き シッ:目 コテ:繋ぐ
互いに目を繋ぐ
ということになるそうだ。

そして、
結婚は、ウトムヌカㇻ
ウ:お互い トム:方 ヌカㇻ:見る
お互いを見つめ合う

そして、嫁をもらうということは、妻を借りるという意味合いだそうである。

これらのことを、はなむけの言葉として贈ったのであるが、
その時一番話したかったことは、著書から引用させていただく。

昭和10年頃祖母てかってに連れられてすぐ近くの小平という所の親戚の家へ遊びに行く
途中に、”ケナシパォマナイ=野原の頭にある沢”という小沢を渡りました。
その沢を渡るときに祖母は沢の側へしゃがみ、手と顔を洗い、茂、お前も顔を洗え、と言うので、冷たい水で顔を洗い終わると、続けて
”フチ=祖母”は年寄りだからそのうちに死んでしまう、お前は子供のなのでこれからずーっと長い間生きているから、
フチが死んだ後でここを通ったらフチと一緒に顔を洗った沢であったことを覚えておき、
忘れないでくれと言うのです。
あれから70数年、道路は完全に舗装されていますが、その場所を通るたびに思い出します。
祖母が孫の心に己が存在を刻みつけたことは、今あらためて凄いことであったと思います。


(注:理解できない個所がありますが、原文を忠実に引用しています。)

解決しました。てかってというのは祖母さんの名前でした。


期せずして、私の88歳になる母が孫である次男の席で一生忘れないであろうハプニング?をひき起こしてくれたので、
忘れえない思い出の地となってくれただろう。

長男もここで両家の顔合わせをさせていただいた。

帰りしな、料理長から、彼が以前働いていた香椎の居酒屋で、いつも素敵なジョークを言っていた
中野さんのことを覚えていますよ。
と言われた折には
運命を繋ぐ”コテ”を感じないではいられなかった。

茅乃舎、萱野茂・・これもコテコテである。


朝から幸せの青い鳥
2016年11月13日

地域のお薬師さん清掃を終えて(正確には土曜日の粕屋東中学校ボランティア活動できれいにしていただき、することがありませんでした。)
フットッベースボール会場の粕屋東中学校へ向かう途中に、カワセミの鳴き声を聞きつけ
薬師堰で撮影



帰りにも素晴らしいロケーションのなかにカワセミがいたのですが、カメラセッティング中に逃避行。
これからフットベースボールの打ち上げで、
メインの大会報告と給食センター訪問記は別ページで。




@homepageサービス終了によりアクセスカウンターもストップしたようです。
@niftyでアクセスレポートというサービスがありました。
どのページがどれだけ読まれているかがわかる優れものです。