福岡・粕屋のガーデニング・造園・情報・情句満載
福岡・粕屋・造園・ガーデニング・エクステリア・庭造り・外構・洋風・自然風・雑木の庭・花の庭そしてロハスな創庭家
ガーデンクリエイター 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう 粕屋町議会議員
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




最終更新 2016年 12月 2日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない 見ればあるある   中野敏郎


 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール
 
「楽生」人の日記PartⅤNEW
 議員ってなんだ?NEW

中野としろうの議員活動掲載中

「楽生」人の日記PartⅣ
粕屋未来図研究所だより
議員を目指したころから議員一年目まで

生」人の日記PartⅢ 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版  合鴨家族 中村農場への誘い
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村

ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から6年前作成
 楽生庵創庭所作品集
の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク


釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・


ムヒカ大統領の演説・・・・原点を忘れないために・・・・・

友達がFBでこの映像をシェアしていました。
こんな生き方に憧れます。

しなやかに

しなやか世界を閲覧していたら、こんなしなやかさもありました。

しなやかに2

自分のために・・・時間あるときに観よう

フクシマ 地球規模の汚染へ

こちらは11月8日14時までの無料公開です。
9日現在まだ観ることができます。
10日…観ることができない。
そのうち再開されるでしょう

地球が壊れる前に

パリ協定が発効したが、原発前提とならないよう見ていかなければ・・・
COP22の会合にオブザーバー参加となる日本が恥ずかしい。



横浜、京都へ
2016年12月2日

11月30日はじいさんになる予定日だったので、その通り実現した。


孫そのⅠ


孫そのⅡ

ご覧の通り、双子である。
密かにゴットファザーを目論んでいたが、
すでに息子たちの中で内定していた。
環たまき君と哲あきら君である。
どちらがどの名前なのか?
まだ個性を掴めないでいる。

これから名前がどのように人生を変えるか、良き実験材料(失礼)である。

次の日は横浜から途中下車して、
京都市立美術館で開催されている若冲展を主目的に
観光とあいなった。



撮影は禁止であったので、玄関ファサードを撮るだけで我慢した。
生誕300年ということで、市内のあちこちでも若冲、テレビでも若冲であった。
石峰寺、相国寺と次なる目的地もキープした。
例によって、若冲の生誕地錦市場で買い物を楽しみつつ、若冲の生家を探したが、
アーケード街一番西の下ル位置にある建物なのかどうか?
それより帰りの新幹線で食べる食材と漬物選びに奔走した次第である。

京都はいい。何度行ってもいい。
あまり観光客が通らないウラ小路がいい。
いろんなところに若冲を育てたセンスが光る。
次回は・・・・




20回目を迎える大川小祭り
2016年11月20日

大川小学校の成人教育委員長を平成8~9年にかけて務めていた。
その時は委員会で焼きそばを担当した思い出が微かにある。
ペットボトルを改造したロケットを飛ばす等の小さなスケールで始めた祭りが今では学習発表を含めた一大イベントとなっている。



昨年の5年生から受け継ぎ、4年生が「大川小ニュース2016~コスモス畑の取り組み」
というタイトルでニュース報道仕立ての学習発表をした。

先輩から学んだり、
因ハルエさんから学んだこと、
因友幸さんにトラクターで畑の整備をしていただいたこと、
自分たちでも話し合いを持ち、ゴミ拾いをしたこと
中継を交えながら僕たちに伝えてくれた。











因ハルエさんたちが蒔いた種が
このような”守り続けるという心”へと繋がっていることを私も見守っていきたい。
そして、次には・・・・

まだまだ、彼らが選んだ歌のタイトルは”初めの一歩”でしかないのだから・・・・・・


朝から幸せの青い鳥
2016年11月13日

地域のお薬師さん清掃を終えて(正確には土曜日の粕屋東中学校ボランティア活動できれいにしていただき、することがありませんでした。)
フットッベースボール会場の粕屋東中学校へ向かう途中に、カワセミの鳴き声を聞きつけ
薬師堰で撮影



帰りにも素晴らしいロケーションのなかにカワセミがいたのですが、カメラセッティング中に逃避行。
これからフットベースボールの打ち上げで、
メインの大会報告と給食センター訪問記は別ページで。



初参加の研究発表会
2016年11月11日

私の教職最後の学校である粕屋中学校へ28年?振りに訪問。
その主目的は、別の中学校で同僚だった先生を表敬訪問?したいがためであった。
お互い再会するには30年程も要しているので、すぐに分かるかどうか?
彼は私のほうへ決して視線を向けないのであれれ?という感じであったが、
授業中、そして授業後に会話すると・・・・

別の先生に授業を見に行くということを宣言していたために、
彼は私がこの授業を見学に来るということをクラスの生徒に先に話していたとのこと。
仕事のお客さんの娘さんもクラスにいて、私の存在を織り込み済みという感じで
なるほどなるほど。

前にも書いたが、なるべく公開授業では、狙いを定めたひとクラスだけを見るということにしている。
 今回は、このような決め事をしておかなくとも最後まで見たくなるような
熟練の余裕、授業テクニックと、内容の精選で迫られてしまった。

戻ってから新聞夕刊で、”財政赤字、歯止め策は”という記事に出会う。
これも点と点が出会ったようなもの。



Y先生の授業内容は、江戸時代後期の薩摩藩、藩政改革だったのである。
板書の撮影は遠慮したので指導案の隅に書いたメモで解説させていただこう。


板書を書きとるために最後列の空き席を使用させていただいた


縦軸上へ行くほど借金が多く、
横軸は年号である。
1827年に500万両(現5000億円としよう)の借金が、
1840年には逆に250万両(2500億円)の利益となっているのである。

こうなれた改革の中味を設問されていて、そのヒントが下記項目である。
班ごとの予測はCがほとんどで、Bもひと班あった。



最終的にどれも正解とのことだった。
ただ、500万両の借金はDがすべてである。

”財政赤字、歯止め策は”・・・平成の徳政令・・・さもありなん

そののち、薩摩藩は莫大な利益を積み上げていき、それが倒幕の資金となるのであるが、それは
B,Cに負うところが大きい。

奄美大島では水田を潰してのサトウキビ栽培が強力に推し進められ、
島民の多くが餓死するほどでもあった、と押さえられたY先生は流石である。
過度の富というのはどこかに過度の負担を強いているものである。

さて、今の日本、先ほどの新聞記事には、次のような解説があった。

年収570万円のサラリーマンが新たに370万円を借り入れ、
生活費や買い物に1000万円を使う不自然さだ。


こんな中で私たちは自然に暮らしていっている。
その自然はめちゃくちゃにしながら・・・・・


追記
全体会時は来賓席に座るタイミングを逸して先生方の中にいた。
周囲は結構若い先生ばかりで郡内の新任研修なども兼ねているのかななどと
思いながら観察していた。
町内小中学校の先生が全員集合みたいだ。
時間の経過とともにあちこちで、頭がコトッとなる現象がみられるようになった。
先生たち、連日の多忙な業務から解き放されるひ・と・と・きであるのかもしれない。
主体性、主体性を培う授業を、と求められつつ、
主体を奪うほどの日常業務に忙殺されてある彼らを
咎める気などさらさらない。


トランプ勝利
2016年11月10日

昨夕はとんでもないことが起きたと思った。
”隠れトランプ支持者”がはやり言葉となっている。
大見出しの言葉が躍る。

時の経過とともに、

私には”既存政治への怒りと不信”という小見出しが一番的を得ているように思えてきた。

‥‥米国は今や1%の富裕層と99%の中間・貧困層に断絶された超格差社会。
その1%の資産は99%の資産総額より多い。・・・・・

超閉塞状況・・・ここに既存政治家がどう取り組もうとしているのか?


【トランプの勝利を受けてサンダースが発した声明(2016年11月9日)】
没落しつつある中間層は、病んでおり、支配層の経済、支配層の政治、支配層のメディアにうんざりしている。ドナルド・トランプは、この中間層の怒りをうまく利用した。労働時間は長くなり、賃金は引き下げられており、実入りのいい勤め口が中国その他の低賃金国へと...移転されていくのを指をくわえて見送り、億万長者達は連邦所得税を全く納めず、自分の子供達に大学教育を受けさせる余裕がないという事に、人々はうんざりしている。最富裕層が益々富を増大させている一方で、こうした事が生じているのである。トランプ氏が、この国の勤労家庭の生活を向上させる政策を真摯に追求する程度に応じて、私や他の進歩派は、彼と共闘する意思がある。(一方で)彼が、人種差別的、性差別的、外国人排斥的、環境破壊的政策を追求する程度に応じて、我々は全力を挙げて彼と戦うつもりだ。


今の私は自分のことを”政治家”だとは思ってもいない。


文化の日の新聞から
2016年11月6日

この日恒例の秋の叙勲 受賞者が掲載されていた。
全国版と地方版、いつものパターン。
ピンクは元西日本鉄道会長長尾亜夫氏
黄緑はペシャワール会の中村哲氏



この両者が同サイズ写真とともに取り上げられている。
西日本新聞社の矜持を感じ取ってあげたい。。



リベット抜き?
2016年10月30日

まだまだリハビリ中なので金曜日には粕屋東中学校の合唱コンクールに行く。
現役教師のころ何度か合唱コンクールに取り組んだが、
その当時と比べると雲泥の差で成長していた。
私の中には
どのクラスも歌う課題曲とそれぞれの自由曲があり、
しばらくの間課題曲が頭を離れなくなっていた。
「翼をください」「モルダウ」「飛べグライダー」など何度聴いたことか。

さて、粕屋東中の合唱コンクールはサクラホールで、そしてスタインウェイのピアノ伴奏で行われた。
1学年から始まり、2年、3年と高学年になるほどに聴きごたえがあった。
伝統的に先輩の歌声に憧れ、成長していくというストーリーが感じ取れる。
残念なのは、合唱の体制に入るとき、そのきっちりとした動きが場に合わないこと。
私だけの感想であれば仕方ないが、そうであることも怖い。

コンクール形式であるから、最終的に金賞、銀賞、そして指揮者賞が決定される。
それぞれの合唱、それを決めた想いなどを感じながら浸ることができたので、
結果発表は退出しておこうかと考えたが、タイミングを逃してしまった。

議会の総務常任委員会で11月4日にとんでもない議論があるのかもしれないので、リロンブソウしておかねば。

3年2組の指揮者賞発表時が一番喜びの歓声が高かったように感じたが、
そこには何かドラマでもあったのだろうと、私まで嬉しくなった。
女子生徒が元気だ。

全クラスの歌詞やスローガンが書かれたパンフレットを見ながらの鑑賞であったが、
「はじまり」という歌の歌詞(作詞:工藤直子)が私にはエラク響いた。
響くほどに伝えてくれた3年1組が金賞を取っていたのは必然だったのか。

歌詞をここに書き写したいくらいであるが、著作権の制約がありそうだ。
ユーチューブで見るしかない。

はじまり

合唱の世界にのめり込んでタイトルの”リベット抜き”を忘れていた。
合唱コンクール終了後病院で経過検査のためにX線映像をみたのだが、
手首に金属板とともに入れ込んだリベット?釘?ねじ?が1本だけポッコリと抜けてきているではないか。
1週早くギブスを外したのがいけなかったか?

前回書き込んだ”リベット抜き説”にリアリティ感が増して、
仕事復帰に支障をきたしている。



公務復帰というところか
2016年10月21日

私の課題図書である立花隆の『エコロジー的思考のすすめ』を目覚めに読んでいて
完全に目を覚まされた。

昨日粕屋東中学校で文化週間のスタートとしてのステージ発表があった。
それぞれに文化の色合いをもつ発表がなされていた。
進行その他女子生徒がほとんど行っていたのだが
3年生の科別ガイダンス(体験授業の紹介)は男子生徒だけで行っていたのだが、
茶目っ気のある彼らは今超話題のピコ太郎の動画を真似した寸劇も構成に入れ、
生徒たちに最大の笑いを誘っていた。
私の左右は来賓席で、それなりの年齢の方々だったために静かだったのは致し方無い。

このことを書こうと思いホームページビルダーに向かったのではなかった。
点と点がむすびつくとそれだけで私は心躍る祭男であった。
立花隆の書物に戻ると、今朝読み始めた個所に何と”雷雨”という文字が記されているではないか、
しかも、その解説が、

このほか、雷雨の時に、空中電気の放電の助けを借りて、窒素は水と化合して硝酸になる。
硝酸塩は植物に吸収されてタンパク質に合成される。このタンパク質がなければ、
あらゆる生物が生物たりえない。・・・・・・・・


と、このようであった。
このことと、昨日の一年生「米~農業のおくりもの~」・・・・・私個人的には農業➡農と書き換えたい。
で取り上げられた稲刈り、稲妻:稲妻が昔から経験的に稲の成長に良き影響を与えていた。
という説明の時、稲妻:稲の奥さんか、相当に影響大だろうなとお隣の来賓者と話していたからだ。

点と点が結ばれ線になったところだが、これだけでは終わりたくない。
私の今の最大テーマは”循環”である。
勿論、次の12月一般質問のテーマでもある。

私の心は数年前に志賀島の一公民館行事で行われた畠山重篤氏が講演会で話された
黄砂がカキ養殖に与える好影響のことを思い出していた。
このあたりの説明は私の能力を超えているのでリンクさせる。

鉄が地球温暖化を防ぐ

やっと3点が結びついて平面を構成したところだが、
この地球の平面構成(循環作用)は私たちの想像を超えるもの。
今私たちはクモの糸みたいに張り巡らされた循環の糸を、意図しないままにところどころ切断しているのだ。
今こそ蜘蛛の巣城からしっかりその一本一本の大切さを確認しておかなければならない時代なのに、
どこの城主もみな経済、経済とばかり叫んでおられる。
どこぞの3本の矢さんも、あと2%ほど蜘蛛の糸を張り巡らせましょう。
そのほうが豊かさを手に入れる確率が高くなりますよ。
と、お尻ばかりをたたいておられる。


立花隆続きで、彼が”リベット抜き説”ということを説いていたが
今飛んでいるこの宇宙船地球号のリベットがどれだけ跳びぬけていることか?
あといくつリベットが抜けたら・・・・・

その危機的状況はデヴィット・スズキの著書を借りて一般質問で解説していこうと思う。
語る私も辛い。
何ら実践が伴っていないから。


注:”リベット抜き説 立花隆”で検索したら私のホームページが3番目に出てきてびっくりであった。




@homepageサービス終了によりアクセスカウンターもストップしたようです。
@niftyでアクセスレポートというサービスがありました。
どのページがどれだけ読まれているかがわかる優れものです。