福岡・粕屋のガーデニング・造園・情報・情句満載
福岡・粕屋・造園・ガーデニング・エクステリア・庭造り・外構・洋風・自然風・雑木の庭・花の庭そしてロハスな創庭家
ガーデンクリエイター 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう 
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




京都・河井寛次郎記念館で原本?をみつけました。

最終更新 2014年 4月1日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない    見ればあるある   中野敏郎
 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール西短講師→九産大講師

「楽生」人の日記PartWNEW
粕屋未来図研究所だより
町議会4年分の一般質問者リスト・種まき号補足説明中

生」人の日記PartV 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartU2010〜2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版  合鴨家族 中村農場への誘い
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村NEW

 ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から4年前作成
 楽生庵創庭所作品集 の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク

釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・



2014/03/22

志免町で「まちづくり志民大学」実行委員会主催の
議員と語ろう「ワールドカフェ」
が開催された同時刻から
粕屋町でも粕屋町議選にチャレンジした2人を含む20人近くで
上記の会があった。

ひとり5分以内で話をまとめ、残り5分で質疑応答という設定であった。


会で熱く語る私・・・私のお腹にプロジェクターの温風が当たりなお一層熱くなる。

ご覧のように私もちゃっかりと語った。
ただ、10分でも語り尽くせないような内容だったので
その思いを紙面にまとめてみようと思う。

私は、「夢」「希望」ということで話をまとめることにした。
それというのも、数日前にある喫茶店に行ったとき
富士夢祭りを推進すべく、ハンカチに一言を書くことになったからである。

本来私は富士山は好きでも、冨士山的思想が好きではない。
富士山を例えてピラミッド的に見る・階層的にみる考えだ。
東京一極集中というのがその最たるものか。
説明不足だが、私の「楽生」人の日記
2008年8月17日”お前、耳納連山は好きか?”
を読んでいただきたい。

私は魚座で酉年だ。
こんなことにも微妙に影響を受ける。
好きな魚は”ヤマメ”、好きな鳥は”カワセミ”
この素敵な両者はそれぞれに着飾り、相手を攻撃・防御しようとしている。
この両者を応援する私はまさに”矛盾”という立場にいる。

ヤマメは久山の渓流にいたものだが、猪野ダム建設の後は行く気にもならなくなった。
一方カワセミは、一度は自分のカメラに収めたいと考えていた。
なので、無理して500mmレンズを数年前購入した。
清流に棲むといわれるカワセミを撮影にこれまた久山の渓流や那珂川の河川公園へ行ったものだ。
しかし、一度も見ることがなかった。
ただ、アンテナを立てておくと情報は集まるものだ。
太宰府の御笠川にいるとのことでそこへ行くと
人慣れしたカワセミが身近に見られ、ハンティングする姿、頭から呑み込む姿等も撮影することが出来た。
500mmレンズの重さも忘れるくらい弾んで撮り続けたので翌日は肩がこっていた。
しかし、カワセミにこりることなどなかった。

さて、このような日々の中、”水辺”を主テーマとする講演会に連チャンで参加し、
その中でカワセミのことを語ったりしたことから
ふと自分の身近にある多々良川にはカワセミは棲んでいるのだろうか?
私と水辺の関わりはどうなのかと考え出した。

そうなると、出航しないではいられなくなった。
カヌーを持ち出し近くの大川小学校横の多々良川に浮かべたのである。



この時は複雑な心境であった。
カワセミを探しに行ってるのだから発見したいし、
居て欲しくないという気持ちもそれ以上にあったのだ。
なぜなら、このようなゴミだらけの川に清流の宝石といわれるカワセミがいてはいけない。
人間も釣りをして採った小魚を食べもしないのに、
その魚を食するなど考えられない・・・・


多々良川の一面

私の思考・感性の原点は田主丸にある。
小さいころ扇状地の中下位には湧水が結構あり、そんなところでは
あたりまえのように水芭蕉の花が咲いていた。
耳納山を源流とするいくつもの谷は平野の中を小高くした
櫨並木を形成していた。
巨勢の川岸はマングローブ的に樹木が繁茂し、そこには多くの魚たちが生息していた。
地球に生きるものには”あたりまえ”といえる環境があった。

残念ながらその後農薬・ゴミ等で汚染され、
魚を取ることも泳ぐこともなくなった。



今は綺麗な風景をしているが、ここで出会った地元の方は、
”上流の病院が何を流しょるかわからん。魚やら食べられん。”
と語ってあった。

人間が食べもしない魚を、小さな体のカワセミは主食としている。
私たちはカワセミを”炭鉱のカナリア”にしているのだろうか?

最近読んだ本の中に”リベット抜き説”という言葉があった。
立花隆氏の解説では、
”飛行機の翼に付いているリベットのひとつが外れたとしても、飛行には何ら影響はでないだろう。
しかし、外れる条件があるのであれば、他のリベットにも何らかの悪影響を及ぼすだろう。
そうして、いくつかのりべっとが緩むことにより、やがては翼が崩壊をまねく。
そして、それと同じようにこの人類の生存環境も・・・・”

昨年の今頃、海の中道海浜公園でコンテストガーデンを創った。
そのタイトルは『至福の人と木』



木漏れ日と花々の中、ドリンクを飲みながら読書する景である。
これが至福の一面だと考えていた。
ところが、この頭上から舞い降りてくるPM2.5.という物質は考慮外であった。
このような庭を創りたいのに、それが不健康なこととなると、
私の仕事はどうなるのだろうか?

誰かが言った。
命を運んでくれるものは、太陽と水と土と風。
しかし、そのどれもが環境を破壊するものにかわりつつある。
そしてそれが人と人のつながりを壊そうとしている。

つづく・・・・・・・・


手業に学べ
2014/03/07

このホームページは我が天職である造園の営業のために制作したものだ。
なのに
直接的な営業となる内容が希薄である。
電話帳に電話番号も記載されていない状態である。
なので
たまには大いに営業致したい。

さて、塩野米松氏の書『手業に学べ』 風の巻
に最高の人物が登場していた。
『雑木の種から苗を育てる造園業 千葉喜彦』

塩野氏の著書は結構持っているのだけど
この本とは出会わないでいた。
今回図書館で借りて読んでいるのだけど、
初版は2001年1月である。



2000年4月には第1回東京ガーデニングショーが開催されている。
この10年程前からガーデニングという言葉、そして洋風ガーデニングのブームが起こっていたが
2000年のこのショーでは和へ回帰した作品が多く見られた。
そして、この手業に学べの聞き取りは1998年3月に行われている。
この本の中で千葉氏は雑木の庭のブームを予言してあるが、
確かに今日雑木は一大ブームである。
また、「森は海の恋人」の植樹祭では畠山重篤へ樹木のアドバイス・苗の用意等も一手に引き受けてある。

さて、これが私の営業となったかどうか?

先ずはこの書を読まれて、是非そんな庭作りを進めたいと思われた方、
いっしょに種拾いからやりましょう。

ツリーハウス&楽生庵創庭所への問い合わせは
092−939−1578
又は
090−1192−8196
中野まで


追記
2014/03/09〜10

世の中のいろんな発見・再発見を日頃心がけているつもりだが、
よく言うところの、点と点が繋がるとか、
そういうことが重なると情報として頭に入りやすくなるものだ。

3月10日は私の誕生日。
そして次の日は3・11で表される大切な日。
今朝(3月9日)も報道特番ばかりだ。
この大災害のなかで特別私に記憶を深めた場所があった。
それは石巻市の大川小学校。
私の地域の小学校名と同じ。
私を除く家族3人の母校名。
災害報道の時我が身のことのように考えさせられた。
そんな想いの中、震災後数々報道される日赤やNHK・店頭等での義援金案内。

私はほとんどすることもなかった。
それなのに口だけは出した。
ある懇親の席で子どもたちが活動の収益から義援金をおくる計画しているとのこと、
私は、どうせするのなら同じ小学校名というだけかもしれないが、
そこ宛てにすべきだと主張していた。

後々、石巻の大川小学校へ義援金をおくったことを知る。

風の巻・千葉喜彦氏の記事の3人後に
茅葺きの屋根師・熊谷貞好というのがあった。
熊谷氏の職場は先ほどの大川小学校とは北上川を挟んだ対岸に位置していた。
大川小学校悲劇報道の中で北上川の変遷も数々説明がなされていた。
本来の河口はここではなかったとのこと。
この辺りの緩やかな流れには、それは素晴らしい葦の原が続き、
前書には、”秋の風に銀色の穂先をなびかせる光景はまれに見る日本の原風景そのものである。・・・”
との記述もある。
10q以上も続く葦に火入れなどの手入れをして茅葺き材料にして屋根工事をしてあったそうだ。
この聞き書きの最後は
本当に日の出や夕日の葦原はいいよう。葦の原からのぼって葦の原に沈んでいくんだ。天の恵みだね。
と結んである。

さて、この熊谷貞好氏、そして、この葦原は大津波の後どうなったものか。

そんな想いが私の感覚を研ぎ澄ましたのか、偶然にも今朝読んだ毎日新聞3月6日夕刊で、
『水辺逍遥』・・・北上川河口と近江八幡・・・葦原広がる景色の再生祈る
との記事に出くわした。
作家佐伯一麦氏は20年ぶりにこの葦原の地を訪ね、思い出として残る熊谷氏の会社を確認したいとの思いに駆られ
ようやく探し当て、今は会長職となってある熊谷貞好氏と会話されるのであった。
茅屋根のご自宅や社屋はなくされたようだが、生きてあってよかった。




読めるように馬鹿でかく写真を挿入しておこう。
大事なところが一部欠如しているようだが・・・・

ところで”ヨシ”であるとか”アシ”と呼ばれるモノの違い、そして善し悪しがわかりますか?
結構みなさん認識が曖昧だと思う。私を含めて。
熊谷氏の本文説明個所を転載します。

ここらはね、「ヨシ」のことを「カヤ」っていうね。ほんとうは「アシ」が本当なんだってことだけど、
どこへ行っても「ヨシ」っていうんだな。
学名は「アシ」だっていうな。ここはヨシなんだよ。それから屋根に上がったら、ヨシでもカヤでも、
カヤ、カヤとなすもんだな。
ヨシ屋根っていわねえ。カヤ屋根、カヤ屋根っていう。
本当は茅っつうのは、山のススキのことをいってるんだから
、・・・”

善し悪しは、葦は細いほうがいいそうだ。
北上川の葦は”浜葦”とも呼ばれる一級の屋根材だそうだ。
太いのなら10本とすれば、細いのであれば20本となるとすれば、「目詰む」がよくなる道理とのこと。
ただし、それは屋根を葺く場合の時。場所によってはまたその善し悪しがかわるそうだ。

よし・あし・かやの解説、
これでいいかや?
よしとしょう。

何を伝えたいのか解りづらくなった。
そうです。私は手業を鍛え、自然素材でよき庭を創作したいのです。
そして私も言いたいのです。

本当に日の出や夕日の粕屋はよかばい。○○からのぼって○○に沈んでいくと。天の恵みばい。

ともに創造していきましょう。

最後に、文中の
こんなさなかにあって、東京オリンピック招致で沸いているこの国はやはりおかしい・・・
この部分だけは蛍光ペンで強調しておけばよかった。
被災3県42市町村アンケートでは入札不調が深刻になるとの予測。
東京五輪の影響でさらに加速することへの不安も・・・・毎日新聞3月10日一面