福岡・粕屋のガーデニング・造園・情報・情句満載
福岡・粕屋・造園・ガーデニング・エクステリア・庭造り・外構・洋風・自然風・雑木の庭・花の庭そしてロハスな創庭家
ガーデンクリエイター 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう 
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




最終更新 2016年 5月24日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない 見ればあるある   中野敏郎
 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール

「楽生」人の日記PartⅣ
粕屋未来図研究所だより NEW 中野としろうの議員活動

生」人の日記PartⅢ 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版  合鴨家族 中村農場への誘い
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村NEW

ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から6年前作成
 楽生庵創庭所作品集
の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク


釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・


ムヒカ大統領の演説・・・・原点を忘れないために・・・・・


駕与丁のホタル
2016年5月24日

昨夜は、議会の委員会でくたくたになった頭を癒しに、ホタルを見に行く。
6月議会での一般質問の情報収集も兼ねていた。





10匹程度が光っていた。
出会った見物客は4人。

ホタル、ホタルと世間に叫んでいると情報が集まって来るものだ。
季節柄ホタルの話題が各地から出てきているのだろう。
NHKラジオで小豆島の亘 和彦さんのことが取り上げられていたとのこと。

一粒の種 亘 和彦さんの物語

議員に立候補していたころ、皆からこんなことの方が楽しいよとよく言われたものだ。



議会だより来ました
粕屋未来図通信 惜春号 来ました
2016年5月20日

チラシも来ました。
明日21日から配布スタート。





議会だより町内配布中みたいです。
2016年5月16日



我が家にはまだ議会だよりが配布されていない。
朝一番で一般質問の通告書を提出に行って議会事務局で頂いてきた。
過去の議会報告会の写真が掲載されていて
よく見ると私が発言しているシーンだ。
これまで毎回のように出席して発言していた。
篠栗町の素敵な学校給食のこと、カワセミのこと、議会をネットで見られるように等々。
前回の議会報告会には愛想が尽きて出席しなかった。

今回は報告をする立場となった。
ただ、新入りなので発言などできないだろうと思っていたら、
私もパネリストに選ばれていた。
九大農場跡地のことがテーマで、私も意見を述べる。
本日午後、その打ち合わせ。
来週はリハーサル。
本番は小学校の運動会と重なる5月29日
午後4時30分よりサンレイク多目的ホールで。

このことも来週から配布する10000枚のチラシに追加記載するか。

さて、

今回は6月6日9時30分から
1番バッターで一般質問を行うことが決まった。



二つのイベント
2016年5月14日

本日は10時から「かすやこども館」の開館記念式典。



0歳児から18歳までの”こども”ワールドとその指導者養成拠点となるようだ。
出来たからには大いに利用されたし。
11時からは太刀山美樹さんの記念講演も組み込まれていた。
残念ながら途中退席し、我が愛しき愛車の軽トラを修理工場から引き取り、
精米所から合鴨用のくず米をいただき、
1時過ぎには博多で開催される
セヴァン・スズキのBe the Change!ツアー2016
へ参加のためバイクを走らせた。



爆弾と原子力マークが変化するデザインがいい。

セヴァン・スズキのコメントも素敵であった。
もちろん、Be the Change!
自分が影響を与えられる範囲で影響を与えよう、と結んでいた。



会場で、この夏用にTシャツを購入したら彼女のサインをいただける権利まで付いてきた。
明日の田植え準備のため最後までいることができないので、権利を放棄しようと帰路についていたら
友達発見。
彼女に依頼して会場を後にすることができた。
持つべきは友。



Tシャツの値段は1500円だったが、
こうなると私の中ではプライスレス。

しっかりナマケモノになれそうだ。


町内散策

2016年5月4日・5月11日

カワセミ撮影が目的で出かけた。
それはかなわなかったけど、
いろんな出会い・発見があった。

川下へ行くと給食センターがある。
議会の中では一番話題を提供している場所。
5月2日にも学校給食調理場建設特別委員会があり、また新たなる問題が出てきた。



現在建設中の給食センターであるが、この場所へ行くための取り付け道路が計画では幅6mは必要であったとのことであるが
その確保が困難になり設計変更して対応するとのことである。
この法面も弱々しき限りである。
この付近は3つの河川が合流する場所で水害にあう可能性が高い。
なので、このような場所に建設することは問題であると意見した。
その折町長はこの部分を補強するとの回答であったが、
2日の説明ではそこまでの工事は予定されていないようだ。
道路環境整備課での予算措置で道路工事が行われるとのことである。

別件ではあるが、24日間の工事一時中断をしたことによる工事延長・開業遅延費用として
1億8千万円ほどの請求がPFI事業者からあったそうである。
この問題は6月議会で審議されることとなる。

江辻にある下水処理場の中を通る狭い道を縦横に彷徨っていたらこのような碑にであった。



江辻の旧集落跡を記念した碑である。
このことはいろんな話から聞き知っていた。が、それがどのあたりか明快でなかった。
確かにこの地を捨てたのは理解できる。
北に猪野川、久原川の合流地点、
南から西に多々良川が巻き込むように流れているのである。
現在このエリアにあるスポーツグラウンドが他の地点よりいっそう低く設置されており、
大水害時の遊水地となるとのことだ。

逆にとれば、この地は水田に適した土地であったのだ。
水の確保が前提の農業。

昨日の早朝5時より田植えをした。


また新たなマンションがもうすぐ完成する




この田は以前よく地盤が不均衡に下がっていた。
私もバックフォーを持ってきて土を均す手伝いをしたくらいだ

この先の川を越えたあのあたりに坑道がスタートしていたのだろう。
気がかりなことではある。


残念なことに周りの田んぼはすべて今回取りやめてあった。
現在このエリアにあるスポーツグラウンドが他の地点よりいっそう低く設置されており、
大水害時の遊水地となるとのことだ。

先ほどの猪野川と久原川の合流地点のすぐ下流に近年完成した堰がある。
これは現在工事中の新薬師堰のモデルでありそうだ。



これは可動式の堰である。
この写真右端に下のような魚道が造られている。



新薬師堰の場合位置関係が逆になってはいるが、このような魚道が計画されている。
このようなことは時代の趨勢なのだ。これまでの人間本意のダムや堰は魚や生物等の断絶を意味していた。
固定式の旧薬師堰が撤去されている現在、この上流の水がヘドロが蓄積した状態の黒い水から徐々に綺麗になっており、
伊賀大橋?あたりでもカワセミを確認しやすくなった。
要するに、彼らもこのあたりで小魚を確保できるようになったということだ。
ただ、残念なことに水流近くに止まり木となるようなものがあまりなく、
撮影するにはそうとうのレベルを要する。
なので、この近辺でカワセミを写真撮影できていない。


新薬師堰・・・対岸に魚道が予定されている。

地球は生きている

2016年4月26日

熊本・大分での地震活動が収束しそうにない。
後出しじゃんけんみたいに、いろんな理由づけがなされている。
そもそも生きている地球の行動予測など不可能に近いものである。
そうは云え、避難生活を余儀なくされている方々も10万人近くおられる。

このところ、元気がなくなったとき、自分が過去に書いたホームページを適当に読んでいくと必ずと言っていいほどに
元気になれる。
相当の蓄えを私はしてきたようだ。
自分が書いた言葉で、自分が集めた言葉で自分を元気にできるなんて最高の贅沢。
それができなくなった人たちに思いを寄せると・・・・・・

釜石小学校校歌も効果あるが、ここは過去にも登場した桂枝雀殿に再度ご登場願いたい。

桂枝雀の落語

人間はちっぽけな存在ななんだけど・・・

年度初め

2016年4月3日

本日は平成28年度粕屋町消防団入退団式
出初式の時、我が第4分団は少人数精鋭?であったので、その後いろんな取り組みをおこなっている。
一人退団で一人入団、トータル10名ということであるが、他の分団に比しても少ない。
町全体では、今回新規に女性団員が広報啓発班として5名加入し182名の人員となっている。




年度末
2016年3月31日

教師を辞めてからというもの、年度を気にするような人生ではなかった。
このひと月近く議会で年度予算の審議を続けていたら気持ちも整理したくなった。

政治資金収支報告書を期限の本日やっと提出してきた。
昨年もこの日だったが、多くの提出者で相当待たされた。
今年はどういう訳か、順番待ちすることもなく提出できた。
余った時間を県庁ロビーに飾ってあった”福岡県景観100選”ノミネートの150余りの景観をじっくりと眺めてきた。

景観として一番多かったのは桜・桜並木で、時節柄県内最高の桜を一度に見た感があった。
定年退職後(そのような仕事はしてないが)は妻と桜前線に合わせての全国行脚をと考えてはいるが、
この福岡県の桜名勝を見るだけでも人生が足りないような気がしてきた。

・・・人生短し、旅せよおとこ・・・


このような資料が持ち帰りできた
昨年超話題になり、今回は事前チケット購入となった河内藤園がノミネートされていなかったのは一不思議?

明日はエイプリルフール。
随分前から明日髭をそることを決めていた。
決めていても簡単に約束を破ることができそうだから。

しかして、約束を破ることなく明日アサイチで散髪屋へ向かうだろう。
なぜなら一年後を意識しているから。
7年前の選挙ポスターではまだ上部にもたくわえがあった。
前回は開き直って髭をたくわえていた。
次回は自分にヒゲすることなく挑みたい。



2009年・2013年バージョン


2015年バージョン


2016年 未来を見据えて・・・


一般質問
2016・2・29

通告書の提出順で決まるのですが、本田議員とかち合いました。

ただいま粕屋未来図通信芽吹きの春号を粕屋町内配布をしています。
昨日、そして本日とメール、FAXで共鳴、共感をいただき、
7日の一般質問に向けてパワーアップしております。
夕方には同僚議員との意見交換で自分の突き進むべき道の確証をも得ました。

私が持つ水鳥橋に関する情報、発言しようとしている事等事前に発表・意見交換の場を設けたいと思います。
今週土曜日までは毎夕方6時までには事務所に戻っています。
ご都合・ご意見ある方ご自由にご来訪ください。
また、日曜日(6日)には10時・3時あたりで集まって頂けるような
事前交流会を設定したいと思います。
先ずは告知まで。

追記

予定通り日曜日の3時から意見交換会を4名の参加者のもと行いました。
私の質問設定の不足箇所などを指摘していただくなど有意義な会となりました。
次回は、チラシに会の告知を書き込み、より多くの意見が交わされるよう計画していきます。


里山資本主義を熱く語る
2016・2・16

昨夜隣町の篠栗で藻谷浩介氏の講演会に参加。
念願叶った。
過去に、古野隆雄氏の講演会もこの篠栗町での社会福祉協議会主催で参加した。
今回は久山町と篠栗町の共催による講演会。
何れの会も無料。
ついでに事前申し込みも不要(直接会場にお越しくださいとのこと)
行政の心広さに感謝するばかりである。
上流の篠栗町に感謝しなければ・・・・
上流が心豊か、そして自然豊かになってくれれば
私たち粕屋もその恩恵にあずかることができる。



写真の中の人物が藻谷氏。
大きな影も藻谷氏である。
勿論、大きな人物であった。

氏の背中から上へと伸びるラインが生産年齢人口増減の分かれ目。
福岡県の中で右側に位置しているのは
福岡市と糟屋郡の志免・粕屋そしてダントツの新宮町(影で見えない)。

理想は右下あたりである。
子供の人口も増えているが、老年人口も伸びている粕屋は今後両面で財政負担が急激に増していくことにもなる。

粕屋町の経営政策課長には声かけしていたのだが、来てくれていた。
町長をも誘えば良かった。
町長にとっては久山・篠栗は大切なパートナーでもあろうし・・・

粕屋町でもこのような職員研修を開催しているかどうか今のところ認識していない。
が、もしもなら、是非藻谷氏を呼んでいただきたい。
私のFB情報で筑豊から来てくれた仲間もいるほどだから。


メイ&ピヨ
2016・2・6

このところ、キャベツの価格変動に一喜一憂している。
ひと月前には”バカ安”という八百屋で37円のキャベツが売られていた。
喜び勇んで3玉購入した。
しかし、時間が経過するに従い嫌な気分になってきた。
買値37円のキャベツを生産した農家にはどれだけの収入があったのだろうか?
原価割れしているのでは?

一方で、先月の大雪後には一個180円前後に急変していた。
高く売れた生産者はホクホクであったろうが、今度は雪で大量のキャベツを放棄してしまった農家がでたのではないかと
これまた嫌な気分になってしまった。

そのようなことはなにも知らないでこの子はガリガリとキャベツを美味しそうに食べてくれる。



最近食欲が旺盛である。
妊娠したから?
そうであれば嬉しいのだが、結果は2ヶ月後にわかる。

先日は台所に在った綺麗なキャベツを勝手に持ち出し、
メイに与えた。

いつものように美味しそうに食べてくれた。

その日の夕方、妻からキャベツが無い、どうした?
と問い詰められた。
何分にも水炊き用に購入した高級キャベツだったのだ。

こんな時には素直に謝るしかない。


1月には4羽の親鳥が玉子を温め、15羽ほどのひよこが誕生した。
最初の親鳥ペアは孵卵させたあともしっかり子育てしてくれて手間かからずであったが、
次のペアは育児放棄してしまい、寒さで数羽しんでしまった。

この子は仮死状態から一命をとりとめた。



この写真は、内なる意欲からこの壁を乗り越えようと羽ばたき始めた時の彼の表情である。
2日経った本日朝、ついにダンボール箱の上のエッジまで飛び上がることができた。



だが、今回は外まで飛び出すこともなく20分程で元の鞘に戻っていた。



年末年始
2016・1・5

例年と違う年末年始を過ごした。

そのひとつは
長男が昨秋11月に結婚したこと。



なので、暮れの30日に長男の嫁の新加入で餅つきをした。

例年と違う二つ目は、
この写真の場所は我が家である。
本来なら餅つきは妻の実家でするのであるが、
義父が12月に亡くなったので、急遽我が家だけですることとした。

三つ目。
本来ならこの場所は我が家の名犬楽君のテリトリーであった。
彼もまた12月に旅立ってしまい、
取り回しのいいこの場を使うこととなった。

例年と違うもうひとつは、
年賀状を書かなかったこと。
書けなかったこと。
喪中欠礼のタイミングを逃し、
また、昨年10月末に町議会議員になったため、町内への年賀状返礼は自筆のみとなってしまった。

そんなこんなでも元旦には素敵な日の出をボタ山で見ることができた。
2年前より、それまでの三日月山頂からボタ山へ変更した。



来年の参考のために出没時刻は7時49分であった。
7時30分シーメイト駐車場着でも余裕で間に合う。
今回団体保険加入? から入山時記名しなければならなかった。
無論無料で、ドリンクのサービスも行われていた。



多くの人出で、上手く撮影できなかった。
前日の雨のため大地が濡れていて誰も座る人がいなかった。
おまけに雲ひとつない空で、日の出とともに太陽がまぶしくなり過ぎ逆光状態となった。
来年は自家焙煎珈琲セットを持ち込み、夜明けのコーヒーを楽しみたいものだ。
2015年・10月27日の記事にはこの場所でみかんを食べるヤギさんの写真がある。
今回も連れて行こうか思案していたが、記名となると・・・・



家路に向かう人々



ボタの山だったのが今では森林浴を楽しめるほどに。



竪坑はライトアップされていて早い時間に行くほどにキレイに浮かび上がる。
この時間は太陽でライトアップされている。


その後の年始は本ばかりを読んでいた。



トクノスクールのテキストではないが、初めて徳野先生の本を読んだ。
ひと月前に読んでいたら一般質問の構成も変わっていただろう。

サティシュ・クマールの言葉は私のバイブル。
彼が母親から口伝で学んだことを
彼の数冊の本から学び取りたい。
サティシュ・クマールになりたい。

山下惣一氏の本はこれから。


さあ明日からは本格的に始動だ。



初めての一般質問
2015・12・7

長男からのプレゼントである万年筆を初おろし。
一般質問での答弁内容を書き込もうと準備していたが、その余裕もなく
次の議員が一般質問するときにゆっくりと使えるようになった。

昨日の葬式で帰省していた長男夫婦も、本日朝何の予定もないということで
議会傍聴に来ることになった。

昨日の孫代表で行なった長男の弔辞があまりにも素晴らしかったので、
私も少しは上手くやらないとと緊張はしたが、準備不足は否めなかった。
病院通い、通夜、葬儀、初七日等対応に追われ、
最後の推敲をできなかったということにしておこう。

次の3月定例会では挽回したい。



長男の結婚
2015・11・30

11月14日に長男が結婚した。
その後頭と体を使いすぎて、書き込む機会を先延ばしにしていた。
長男も忙しいみたいで、式のあと北米へ出張、引越し、そして12月中旬にスペインへ新婚旅行へ、とのこと。

披露宴の中で長男から私たち両親へ万年筆をプレゼントしてくれた。

その時息子がポロリと目に涙を浮かべたので、私は動揺した。
その後すぐに私が行う両家を代表しての挨拶で語ろうとしていたことを急遽カットした。
語れば涙もろい私はきっとダメになってしまうだろうと察したからだ。

省略したこと、両方とも身内のことである。
米寿となる母、そして施設に入っている母にどうしても式に参加してもらい、
ボケ防止のためにも、披露宴でつきものであったお謡いを一番披露してもらうことにしていた。
そして、母はバッチリそれをやり遂げてくれた。



両家両親が並んで待っている時に母と目があったので、笑顔でピースサインをすると
母も最高の笑顔で手を振ってくれた。
感謝の言葉を述べたかった。

もうひとり、義父にもエールを贈りたかった。
3週前に体調が思わしくない義父は、結婚式に元気に参列できるようにと
九大に再入院して万全を期すという本人の予定であったが、
退院時には元気そうだったものの、東京へ行く前日自宅に戻るとほとんど歩けない状態になっていた。
羽田からのその後は車椅子がなければ動けない状態にまで体力が落ちていた。
会場でも車椅子での参加となってしまったが、
義父の強い意思でどうにか東京行を終えることができた。


松永久雄 1932-2015


両家の挨拶では、半年前から決めていた、河井寛次郎の言葉

鳥が選んだ枝  枝が待っていた鳥

でまとめさせていただいた。
参列者者の大部分の方からは素晴らしい挨拶でしたと褒めていただいた。
数人の方より、この言葉使わせていただきます、とお声かけくださった。
はしゃいだ私の姿である。



近しい親類縁者からはほとんどそれがなかったことも記しておこう。