福岡・粕屋のガーデニング・造園・情報・情句満載
福岡・粕屋・造園・ガーデニング・エクステリア・庭造り・外構・洋風・自然風・雑木の庭・花の庭そしてロハスな創庭家
ガーデンクリエイター 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう 
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




最終更新 2015年 4月 21日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない 見ればあるある   中野敏郎
 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール

「楽生」人の日記PartⅣ
粕屋未来図研究所だより
町議会4年分の一般質問者リスト・種まき号補足説明中

生」人の日記PartⅢ 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版  合鴨家族 中村農場への誘いNEW
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村

ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から6年前作成
 楽生庵創庭所作品集 の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク


釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・


ムヒカ大統領の演説・・・・原点を忘れないために・・・・・



第4回粕屋町総合計画審議委員会を終え 冷静になって
2015/2/19

2月6日に委員会があったあと、言い足りなかったことがいっぱい残っている自分に情けなさを感じていた。
流れの中で、ついでに発言し、発言を重ね、遠慮してそれ以上発言できなくなっている自分があった。
会の最後に事務局より
まだ意見等がある方は直接事務局へおいで下さいとの連絡があった。

救いの声だと思った。
そのときはまだまだ発言したいことが残っていたから。
その夜言い足りないことをまとめていた。

一夜明けて、冷静になって、考えてみる。

個人で事務局に意見を言いに行く?

これって委員会活動ではなかったのか?
委員会の中で発言し、他の委員も発言の中身を確認する。

でなければ、個人的な、あるいは所属団体の”圧力”とはならないのだろうか?
と疑問を呈するようになった。

多分、事務局よりその後意見があれば委員全員にフィードバックされることだろう。

さて、たまたま昨日議会だよりが配布されていた。
第4回の議会報告会の報告が僅か半ページだけ記されていた。

昨年の11月22日開催された議会報告会でも上記のような失敗を私はしていた。
九大農場跡地関連の説明で、ことあるごとに”遺跡問題””遺跡問題”と発言される。
これがすべての認識を表してあるのであろう。
”問題”としか捉えられないところに”問題”があるのだ。
あの土地を町が購入することもできないのであろうから
上手く国の指定をとり、一部遺跡公園化整備で粕屋町民が実質利用できれば助かろうものだ。

そういえば、前々回の議会報告会でも失敗していた。
大川小学校横の井堰改修報告があり、その当時川にカワセミが棲むのを知っていた私は、
人間本位、安全本位、農業本位だけで予算化されたその報告に”カチン”ときて
カワセミのための施策も必要ではないかと発言した。
その発言は”議会だより”で取り上げられてはいた。
だが、どう活かされたのか、そのフィードバックはない。

では、私が一番発言したかったこととは?

今回の議会で”白熱した議会”と大見出しが付けられた学校給食のこと。
そして議会だけで”白熱した議会”と決着後?事後報告をする”議会だより”のたより無さを変えること。

総合計画審議委員会でのことは次回委員会で発言したい。

中途半端であるが、これから仕事にでなければならない。
また、一番大切なことを後回しにした。



第4回粕屋町総合計画審議委員会を終えて
2015/2/6

タイトルは何の関係もない。
時間軸だけお借りした。
その会を終えて、あるところで会話したことを発端として書き記したい。
無性に書き込みたくなった。

いつものように色んな会話をしていて相手の方から
「中野さんは左寄りでしょう?」
と捉えられた発言を受けた。
別に否定しなかった。
どちらかというと左寄りである。

ただ、そういう目で見られたくなかったし、そのとき上手く説明できなかったので、ストレスを溜めないようにここに書き込んでいきたい。

党派を意識したのは小学校時代である。
父が郷土の大政治家である”稲富稜人”という衆議院議員を支持していた関係で自然と民社党を応援していた。
そののち、日本社会党に所属していた江田三郎(江田五月の父)の流れを汲む社会民主連合あたりに政治家の理想をみていた。
これらは投票権のない時代である。

大学4年で就職活動をするとき、財閥系列のMホームを受けてみた。
私は建築士免許ももっていることから私の担当の方からは色々とアドバイスをいただいていた。
第一希望は教職だったので、自分を曲げてまで内定をもらいたくないと考えていたのかもしれない。
面接で会場に入るなり、5~6人いる面接官(なりたてのMホーム社員)のひとりが
「背が低いね」と発言する。
まだ椅子のところに着く前の段階で。
このレベルに私が逆質問をしてやろうかと思った。
ただ、担当の方の顔も浮かんだので愛想笑いで済ました。
しかし、顔も心も怒り心頭であった。
そののちもいろんなくだらない質問を受けた。
質問してはいけないだろうことも平気でしていた。
彼らはMホームとしてのプライドもまだ育っていなかったのだろう。
本題にはいり、支持する政党はどこか?
と問われる。
とんでもない質問である。
私はどういう訳か”社会党”と答える。
羽仁五郎の『都市の論理』など影響していたか???
そののちも外国が攻めてきたらどうするのか?
などと質問をあびせられる。

勿論それ以来連絡もないし、取ろうともしなかった。

金八先生の影響をも受けて念願の教職に就く。
赴任先の中学校は100%組合員(勿論管理職以外)であった。
新任で直ぐに加入した訳ではない。
任用期間の半年を過ぎて加入しようとは決めていたが周りが許さなかった。
おまけに組合(福教組粕屋支部)の定期総会で新任代表として私が挨拶することになった。

何を語ったかあまり覚えていないが、社会党を支持していますとはしっかり言った。
なので、あとから先輩に共産党支持の人も多いからやばかったかな、などと言われた。

基本的には中道左派だったのだろう。そののち”さきがけ”などいいとも思っていた。
社会党がなくなり、それを受け継ぐような形で社民党が存在するが、その辺が近かったのか。

今はどうなのか?

2年ほど前本屋さんに『里山資本主義』という本を初めて見かけたとき、
”おい、おい里山まで資本主義かよ”と中身をチェックもしないでいたくらいだったから、
資本主義というのが嫌いみたいだ。
今では『里山資本 主義』は私のバイブルのひとつとなっている。

その対極である共産主義は?
現実では失敗したという認識になるのであろうが、
深く学んだことはないのでそれ以上でもない。

このあたりのことについては、佐藤優氏のコメントを入手したので別項目で書き込みたい。

それより今は自然主義である。
これが言いたくて我が貧困なる履歴を披露してしまった。
これについては、我が尊敬するサティシュ・クマール氏に語っていただこう。

サティシュ・クマール ナチュラリズムに生きる

今日私は右でも左でもない自然主義者でありたい。

追記
サティシュ・クマールが春にまた来日する。
彼の話を話をまた聞きたい。


百人百庭

まだ途中です。前の文が追い越してしまいました。



私も創庭家を自称している。
たまには芸術家とも。
なので、たまに庭園雑誌を購読する。
雑誌の写真は兎も角、作庭家のコメントが大いに私を刺激した。
中でも龍居竹之介氏の・・・(安心)を得られる庭のありようを追って・・・
という巻頭言はすばらしかった。

彼はこのごろ、「庭とは何だ?」と尋ねられると、「安心の素、かしらね」と答えるのが常となった。
と書いている。

安心は心配・不安がないこと、心が安らぐこととあるそうだが、
庭に求めるもの、確かにその通りだと感服した。
世の中でも、安心・安全という言葉が大活躍のこの頃だ。
木を使って庭づくりはするが、気を使いたくないというのが皆さんの心境なのだろう。
ただやすらぎたいのだ。

この頃私は庭に菜園を作ることをオススメしている。
家庭での自給率を上げるという事は、国家の食料自給率を上げるもととなるだろうから。
安心・安全は食料の安定供給・確保あってのことだと思う。
また、無益・無駄・不必要な消毒・除草剤散布のハドメとなる。

究極の庭は、自給できる庭でもあるということ。   目指したい。

さて、百人百様の庭なのだが、それぞれの庭を眺めていて、ある共通点・流行りに気がついた。
それは”版築”という手法。多くの作庭家が庭に取り入れているのである。
”版築といえば越智さん”というオチまである。


版築:土壇・土壁の築造法で、板枠の中に土を入れて突き固め、層を重ねてつくるもの。
自前の(製作したことがない)版築写真がないので、例としてお借りした。

この工法は中国から伝わっているようだが、先日たまたま学習した
粕屋町の歴史講座『水城の調査と太宰府の歴史』での水城の築城法には感動した。

水城というくらいだから、私は手前の土を掘り上げて、積み上げただけの簡単な土塁かと考えていた。
時代は663年白村江の戦いで敗れた日本・百済軍が大陸からの侵攻を阻止するために急遽築いたシロモノなので
簡易な作りかと思い込んでいた。
博多の海岸でよく見かける元寇防塁は石積である。それよりも600年以上も前の時代であるからそう考えざるを得ない。

講師である杉原氏の説明では、水城を切り取っていくと基底部から上部へ、ある単位を持って積土を段階的に積んであり、
多様な積土材が使用されている。また、木樋による導水も行われているとのこと。

正に上記写真のような版築工法により長さ1.2Km、高さ7~10m、幅20mほどの水城が築かれているのである。


この姿は、鹿児島本線の車窓から見ることができる。
昨秋ハウステンボス号で横を通過したとき、古墳の発掘か?
と勘違いしていた。
歴史講座を聴講してから居てもたってもいられなくなり現地へおもむいた次第である。

これが1350歳の水城である。
今も新しい情報を発信してくれるそうだ。

遺跡は私の足元にもあるかもしれない。
意識している時に遺跡が出る。

すてきな講座のまとめであった。