福岡・粕屋のガーデニング・造園・情報・情句満載
福岡・粕屋・造園・ガーデニング・エクステリア・庭造り・外構・洋風・自然風・雑木の庭・花の庭そしてロハスな創庭家
ガーデンクリエイター 中野敏郎・中野としろう・なかのとしろう 
ツリーハウスのホームページ

中野としろうのインデックス




京都・河井寛次郎記念館で原本?をみつけました。

最終更新 2014年 8月 25日


何もない 見ればある  河井寛次郎

何もない    見ればあるある   中野敏郎
 ツリーハウス&楽生庵創庭所のご案内  中野敏郎のプロフィール

「楽生」人の日記PartⅣNEW
粕屋未来図研究所だより
町議会4年分の一般質問者リスト・種まき号補足説明中NEW

生」人の日記PartⅢ 
2013年末で終了                
戸原再発見ウォーキング会
私のまちづくりの原点
      
 「楽生」人の日記PartⅡ2010~2011の想い  粕屋 ぼた山への誘い
「楽生」人の日記 私の本性5年分濃縮版  合鴨家族 中村農場への誘い
 ツリーハウス&楽生庵創庭所作品集 最新版  ヤギさんと愉しむ仲間のスロー村

 ツリーハウス作品集


粕屋町の街角から6年前作成
 楽生庵創庭所作品集 の会 点が線に、そして・・・・
ツリーハウスメンテナンス 


竹野誇会
竹野中学校昭和47年卒 同窓会の軌跡
 メール気軽にメール下さい  リンク


釜石小学校校歌・・・・元気を取り戻すときに・・・・・


ムヒカ大統領の演説・・・・原点を忘れないために・・・・・


読書で学べその3
2014/08/18~25

相変わらず読書が好調である。
アマゾンで1円購入の『仕事が人をつくる』小関智弘と図書館からの『職人学』小関智弘を平行読み?している。
氏の著書を連続4冊も読んでいると登場人物の重なりは気になるところだが、小関氏の基本軸がしっかり摑めてきて大いなる刺激、
仕事への激励となっている。
 何が激励なのか?

私がどういう位置にいるのかをはっきりとしておかなければならないのだが、
ともかく元気がでるのである。
私の位置というのは、私が職人なのか、創庭家なのか、あるいはただの作業員なのか。
造る人なのか、創る人なのか、あるいはただ作るひとなのか、と。

”つくる”ということにおいては共通なのでここでは深入りしないで元気のでる内容を紹介したい。

『職人学』のなかのタイトル、見出しがいい。

例えば”現場は宝の山”という中タイトルの項目には私の宝となる素敵な言葉がいっぱいある。

”ワイガヤ精神”・・・・”顔を寄せ合って、ああじゃない、こうじゃないと知恵を出し合っている”ことなのだろう。
従業員が3~4人いたころはこのようなこともできた。このところは独りでの作業が大部分を占め、
あるとすれば,以前にも増してオーナーとの会話機会が多いということだろうか。

”難しい仕事だから楽しい”・・・・・同じようなことを高専建築科の先輩があるとき熱く語っておられた。
ただの箱形の単純な建築物であれば現場監督としてはとっかかりが楽である。
だが、複雑な構造、斬新なデザインの建築物を施工する方がいろいろと工夫がいって疲れる。
だけど、最終的に完成してしまえばその苦労の過程、ワイガヤ精神の日々がよき思い出になり、自己の力ともなっているのである。
建築物にしろ、工作機械にしろ、最終のかたちは図示されているのだが、それをどう組み立てていくかは現場の判断である。
ただ、図面通り・・・・・ということだけではなく豊かな発想を加味していくことが”動く”だけではなく”働く”という
人間主体をもった生きがいのある仕事になっていくのであろう。
別の章にも”夢中になってやっているうちにできちゃった、がいちばんの喜び”というのもある。
これなら説明不要だ。

他の章にも私の大好きな”感性を豊かにする”というのもある。
この章では残念ながらあの岡野雅行氏は登場しないが、小関氏の著書に随所に登場する人物である。
さて、この部分はそのまま抜き書きさせていただく。

・・・・・・・感性を豊かにすること。それはものづくりをするための技を身につける第一条件である。
感性を豊かにして仕事をするということは、素材、つまりものづくりの対象と親しくなる、ということである。
鉄と親しくなると、鉄が硬く冷たいものではなく、鉄はやわらかくて、まるで命を宿したもののごとく身近な存在に変わるのである。
自分の舌を肥やさないで、いい料理が作れるはずもないのと、同じである。・・・・・・・




最近お気に入りの長田弘著『本という不思議』を読んでいると、
上記黄色の部分と同じようなことを書いていた。これも抜き書きしよう。

・・・・・・・・・本というものはおもしろいもので、どんな本も読み手とおなじ背丈けしかもたない。
読み手がこれだけであれば、本もまたこれだけなのです。
ひとが本に読みうるのはつまるところ、その本を通して読みうるかぎりのじぶんの経験だからです。・・・・・・・・


ついでに、この書から多くの課題図書(読みたい本)を紹介いただいた。

残り一冊はトクノ・スクールの課題図書?なのだが、
やっと昨日本を購入、読み始めた。
すごい。
これもまたはまりそうだ。



読書で学べその2
2014/08/09



仕事に余裕が出来て、この一週間よく本を読んだ。
小関智弘氏を何かの絡みで知り、図書館で彼の著書を探した。
一番借りたかったのは『仕事が人をつくる』であったが、蔵書してなかったので
先ほどアマゾンで1円で購入。
アマゾンは最近悪い噂があるけど・・・・

『道具にヒミツあり』では自転車、ギター、シューズ、砲丸などの道具が出来るまでの人物像が描かれている。
折りたたみ自転車はブロンプトンばかりを追い求めていたが、YS11もなかなか良さそうだ。

小関氏のもう一冊『ものづくりに生きる』は岩波ジュニア新書だ。
どういう訳か私はジュニア新書をよく読む。
最終ページに宣言されている”岩波ジュニア新書の発足に際して”が書き手に与えている影響が大だからだと思う。

4ページから5ページにかけての内容は私の高校時代のある出来事を思い出させてくれた。
ある意味ジュニアには貴重な出来事であるから少し抜粋させていただこう。

旋盤工として働き始めた小関氏は

・・・・・興奮のあまり胸が高鳴り、喉が渇く。その最初の瞬間というのは、生涯忘れることがない。
鉄にも意志があるのではないか、と思えるほどの手ごたえ。
その感動を知っているからだろうか。顔を火照らせているわたしのうしろにまわった先輩が、
やおらわたしの急所を握って、だいじょうぶか、と冷やかした。
あれはほんとうだ。
・・・・・
極度に神経を集中させて、旋盤でその鉄を削る。ようやくのこと削り終えて、気がつくとズボンの中が濡れていた。
わたしは恥ずかしくて、ずっとそのことを人には話せなかった。
あるとき、テレビのインタビュー番組で、当時将棋界で最高の地位にいた米長十段が、対局中に射精してしまうことがあると語った。
やはり自分が病的なのかと不安になって、中原名人にきくと、同じだと教えられたという。
米長十段の安心が、私の安心にもなった。


この記事が私の安心にもなった。

高専の1年の時、造形学という科目があった。
それなりのカリスマをもった非常勤の年配講師が指導された。
あるとき、色紙を自由に切り取り、それを台紙に再構成していくという課題があった。
私は自分なりに流れが出来たと思い、先生にチェックをしていただいた。
すると、”いや、これは理解していない、もう一度・・・・” みたいなことを言われた。
二コマ続けての授業であったが、もう残り時間も少なくなっており、
パニクった私は・・・・・・
下半身に奇妙なぬくもりを感じたのであった。

直ぐにきた休み時間、トイレで確認するとそれは精子なのであった。
変な展開になってしまった。
これは、私のジュニアのできごとであり、
私の別な意味での”ヰタ・セクスアリス”であった。
この歳になって初めての他言である。

さて、まだまだ深い内容も盛りだくさん。

”機械にニンベンをつけるとは、”の章も傑作であった。
世界的なメーカーとなったトヨタ自動車の前進が豊田自動織機であることはよく知られることである。
その豊田自動織機のもともとの名が豊田自働織機であったとのこと。
人が機械に使われるのではなく、人間が人間らしく仕事をしていくための思い、思想がその
ニンベンに込められていたのである。

本当の意味での働きをしたいものだ。

つづく・・・・かもしれない。




読書で学べ
2014/07/04

この二月あまりほとんど読書をしていない。
大きな理由は仕事が忙しくて心を亡くしているのだ。
これで大学の講義をやっていたら大変なことになっていた。

自分の中では今最高に楽しい仕事をしている。
目指す目標ができた。

楽在其中

世界への公表はまだしない。

そういえばホームページもほとんど更新していなかった。
書きたいことはいっぱいあるのに・・・

そのうちに・・・と云っておこう。


NO PHOTO